10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< パソコンが壊れまして | main | 想像できるお祭り騒ぎを前に >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

簡単にチャンスとは言えないけれど
人気ブログランキングへ


 アッチソン投手が本当に帰国してしまうようだ。実に寂しい。

 タイガースの勝利のため、そしてCO2削減ということで試合時間を短縮するためにもアッチソン投手は必要。なんせあのテンポの良さは江草投手の好調時にも匹敵するほどの速さである。なんとしてもいてほしい選手なのだが。

 で、結局空いてしまう枠には誰が入るのか?ということになる。
 一部ではコバマサのようなことも書かれているが、タイガースの内部でそういう選手はいないものか?となると、若手起用推進思考の方は鶴投手や西村投手などを思い浮かべるだろうけど、それはもう少しアピールできてから。現時点で候補に上げるとすれば実績組である渡辺投手であり、久保田投手の起用をどうしようか?ということにもなる。もちろん、一部(っていうかある1人の)ブロガーから寵愛を受けるまさしちゃんということも充分ありえる。

 簡単にチャンスと思ってはいけないと思う。やはり今まで1軍で勝利の方程式として投げていた選手が身代わりを用意することも無しにいなくなるのだ。その代わりを探すのは容易ではない。他球団のFA選手や契約切れの選手に求めるのは決して間違ってはいないのだ。

 でもそればかりになってしまってもいけない。チーム内にはもしかしたら凄く良い中継ぎになれる可能性がある選手だっている。今年先発で起用された阿部投手だって中継ぎのほうが良いのではないかと個人的には思っている。 

 決め付けることは無い。でも1つだけやってほしくないのは「これもチャンスと思わない。」ことだ。ピンチとばかり思ってはいけない。前述しているとおり、勝利の方程式を担った選手がいなくなるのはピンチであることに変わり無い。ただし、鉄板の1軍投手枠が1つ確実に空くことだけは事実である。ここで目の色を変えてほしいのだ。

 チャンスである。黙っていても1つ空くのだ。ここに目の色を変えていこう。そしてここに当てはめる投手を探すべく、首脳陣も目の色を変えて育て、起用し、探してほしいのだ。安易に金村暁投手当たりを当てはめてはいけない。彼は先発型である。

 さて、誰がどうやって連れてくるのか?台頭するのか?中継ぎを争う競争にはお楽しみがいっぱいだ。




人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 21:24 | comments(0) | - |