11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 型の形成 | main | 名場面だと思う >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勝ちきるということ
人気ブログランキングへ


 やはり相手もプロの球団。簡単に3タテはさせてくれない。

 この3連戦は3タテが必須であった。何が何でも勝ちきる。それしか要求されていなかった。

 先制を許した場面。確かに勿体無かったが1失点でよく済ませたと思う。

 裏の攻撃も相手のミスからとはいえ獲られて直ぐに同点に追いついている。勝負は後半。それ自体は間違っていないと思う。

 2点目を失って3点目。これが実に勿体無かった。きっと狩野選手も勿体無いと思っているだろう。あれは狩野選手の構えたところに投げたら打たれちゃったという当たり。配球ミスといえばそれまでだが、必要なのは1つのアウトである。内野ゴロでも外野フライでもアウトはアウト。わざわざ三振を奪いに行ったかのようなリードであった。

 江草投手の押し出し云々よりも、この3失点目が余計だった。

 ベンチは江草投手の役割を今すぐ固定して欲しい。リードしている場面なのか、ビハインドの場面なのか、起用がこれほどまでに一致しないのは酷使の極みである。少々のビハインドでも展開上筒井投手でいけるはず。それだけの投球を彼は見せているのだ。もしくは金村暁投手の続投だろう。

 今日のように2得点では勝つことは難しい。しかし2得点で勝つことが出来るのも野球というものだ。いや、もっと獲れた印象すらある試合である。

 新井選手の打率も2割4分を超えた。今日はひと休みだが鳥谷選手も好調を維持。赤星選手の存在感も光っている。実際に得点にならなかっただけで、得点できる気配は試合中感じていた。

 だからこそ勝ちきりたい。勝ち越しだけではなく勝ちきることが重要。2ゲームになるのと4ゲームで終わるのでは結果にに2ゲーム差という厳しい現実が残る。

 昨年の教訓は大きい。1試合も無駄に出来る試合は無い。その厳しさを今こそ思い出し、勝ちきる試合を継続して欲しい。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 22:33 | comments(2) | - |
今日は石川投手の気迫勝ちだったと思います。敵の投手ですが、すごいと思います。負けられないゲームで、上昇ムード満々のチームに対して、しかも敵地で、しかも甲子園で・・・・完投勝ちですから。後ろに控える投手が下に行ってしまったから、勝つという以外に、完投という大きな大きな目標もあったはずで・・ こういう人をエースと呼ぶのだなと感じました。

今日は負けたけど、しょうがないかなって思いました。
関本選手も戻ってきて、いきなり大きなフライを打ってくれましたし、私が勝手に心配が尽きないと思っている赤星選手も猛打賞。
明るい材料はたくさんです。

不安なのは、江草投手ですかね〜・・
ちょっと気持ちに難が出てそうに感じます。
満塁の場面で、カウント2−3になった時、久保コーチが
「大丈夫 大丈夫」と言っていたのが映りました。
その後、多分「思いきって投げろ」と仰ったように見えたのですけど、結果は・・・ 今日の四球押出しは、ものすごく痛く感じました・・・ きっとこれもステップアップの一過程と思うのですが、やっぱり・・・ 心配です(涙)
| ぷく | 2009/09/03 11:15 PM |

ぷくさん
 コメントありがとうございます。
 やはり江草投手が気になりますね。
 でもね、やっぱり起用法を固定することから始めたほうがいいと思うんですよ。
 負けても勝っても・・・じゃ、準備のしようが無いと思います。
 江草投手にとっても壁であり、しかし周囲にとっても江草投手の存在を良い意味で見直すきっかけになるんじゃないでしょうか?
 見守って行きたいと思います。
| たけ | 2009/09/04 11:18 PM |