07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 勝ってよかった | main | ファームの若い衆 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

中途半端って訳じゃないと思うけど
人気ブログランキングへ


 林選手の出番がなんとも微妙というか勿体無い気がしているのだが、監督が広大選手をライトで起用するという方針だったらそういうことなんだと思う。

 では代打でどうか?といえば、左の代打枠は既に葛城選手と桧山選手が確保している状態。これもなんとも・・・・・林選手にはスタメンを争って欲しいのに。

 林選手の好調の証は、早すぎる打球。金本選手に匹敵するようなスイングスピードから放たれる打球は結構なもので、実際に球場で観戦していても浜風に負けずにライトスタンドに飛び込む打球を何度か見ている。

 浜風が吹いているといえば自然とレフト方向に打つことを意識しそうなものだが、林選手はお構い無しにライトに運ぶ。これができるんだから好調を維持できる何かを身に付ければいいのにと思う。

 ま、言うほど簡単じゃないことだというのは明らかで、現状では交流戦でのDHとかやっぱり代打とか、左右で起用を切り替えるときのライトとか・・・・・でもこれだって葛城選手が起用されているし・・・・・である。

 あの選手がいるから・・・・とか、監督の判断で・・・・・というような起用されないときの言い訳が必要な選手にはなってほしくない。誰が監督であろうと起用される選手であって欲しい。増してや言い訳を周りが用意するようになるなんて思いたくも無い。今の林選手が進むのはどちらの方向だろうか?

 おそらく・・・・・という前提であるが、林選手は起用である(と思う)。守備はそれほど・・・・・であるがライトもファーストも練習しただけのものは見せる。だから守備練習をもっと積んでほしいとも思うのだが、それは言われなくても意識するであろうことだ。スイングスピードが速いから呼び込んで打っても詰ることが少ない。ただ諸刃の剣というか何と言うか、ジャストミートのポイントが少しでもずれると打った瞬間の印象ほど飛んでいかないことが多い。

 さて、林選手はどうするのか?貧打とか言われる打線の起爆剤になるだけのものは充分に持っている。あとは起用を決断させるだけの何かを見せたい。

 後半戦の林選手の針路にちょっと期待している。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:03 | comments(0) | - |