11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 3タテせよ | main | 分かったような分からんような >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

まず1つ
 新井選手の復調気配が本物に近づいてきた。

 横浜先発は好投手小林。序盤こそ接戦となったが新井選手のライトへの大きなあたりを吉村が微妙に捕れなくてタイムリーに。こういった場面でのプレイの大きさを印象付けた。(内川の落球も)

 反面、タイガースもサードへの強い当たりを新井選手が捕れなかったことからピンチが広がった。

 確かに相手よりも点を取れれば勝つのだが、やはり与えなくても良いランナーは出したくないものだ。

 渡辺投手が登板したイニングも鳥谷選手の送球ミスでランナーを出し、そこからピンチを迎えて江草投手の出番になる。こういうところで使わなくても済んだ投手を使ってしまうのが勿体無いと思う。守備を重視するなら今回のコンバートはあまり良いものではなかったと現状では考えざるを得ない気がしている。

 さて、それにしても今日は攻撃に関しては良い結果が続いた。浅井選手のバスター?も良かったのだが、俺が好きな今岡選手にヒットが出たことも良かったし、金本選手が内野安打でもヒットで出塁できたことが良かった。

 俺なんぞが言うまでも無く、調子がいいときもあれば悪いときもあるのは充分に選手は分かっている。ただ、その不調の時期は短ければ短いほど良いわけで、アニキには4番の重圧、今岡選手には経験の無かった代打としての重圧があるはず。そこをクリアするには1にも2にも結果である。スコアボードに「H」の文字が点るかどうか。これが重要なのだ。

 今は代打の切り札となった桧山選手だって最初から代打でこんなに打てていたわけではない。それをここまで頼りになる代打になれたのはチームの勝ちがあったからだと思うし、その中で本人が苦しんでもがいて勝ち取ったものがあるからに他ならない。

 言うまでも無く現在のチームでは狩野選手が苦しみながら貴重な経験を重ねている。この経験を自信にするにはやはり勝ったという結果が欲しい。負ければ負けるほど矢野さんの穴を感じるだろう。勝ったって感じることも多いだろうけど、せめてそれを良いほうに解釈して身に付けて行くには、やはり勝つという結果があることだと思う。

 苦しいときの1本のヒット、苦しいときの1つの勝利で変わることなんていくらでもある。だから明日も勝とう。勝って今日の勝利の意味を更に強くしていこう。 

 選手を育て、選手を救うもの。それがチームの勝利というものだ。
| タテジマに想いを | 22:31 | comments(0) | - |