12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 下さんが投げた | main | 先発能見で成功しよう >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

チクショーということで
 昨日は関西の観戦友達が出張で静岡に来ていたので一緒にお酒を飲んでいた。その中で捕手を誰にするかとか先発6番目は誰にする?などの予想をしていた。いやぁ、やっぱりタイガースファンと飲むのは楽しいものだが、それを静岡で出来るのは嬉しいことだった。

 俺は6番手に能見投手を挙げていた。今日は好投したようで嬉しい。

 その話は明日にでも書くとして、今日感じたのは真弓監督が言ったとされる「チクショー!」という悔しさから来る発言が嬉しかったことだ。

 2枚目とか男前とか容姿のことを取り上げられることが多く、就任当時は穏やかなイメージが先行したが、やっぱり勝負の場になれば負けるのも嫌だし、負けたことを受け入れるのも嫌だろう。

 そうでなくてもオープン戦全勝とぶち上げたはずが現時点で最下位という現実。そりゃチクショーのひと言も言いたくなるだろうし、しかも主力が休んでいるとはいえ打撃陣の低迷振りは目を覆いたくもなる。

 打てるはず、もっと出来るはずなのに・・・・・という思いを抱きながらも結果が出ずに負け続ける姿は暗黒時代に散々見た。これがオープン戦でよかったと思うくらいだ。

 どの監督でもそうなのだが、自分のやりたい野球に貢献できる選手を起用するのは自然なことだ。個人的には今岡選手が本当に代打でいいのか?とか、葛城選手よりも左右両方に強い光信選手のほうが代打として良いのでは無いか?と感じることは多々あるのだが、現在は真弓監督の野球にこちらも目を慣らす時期である。

 そのなかで出た「チクショー!」発言。いや、発言なんて大げさに言うもんじゃないね。でもこのたったひと言が何かをつなげてくれる気がしている。

 さぁ、ここからここから。オープン戦の残り試合も少なくなってきているけど、ここからキッチリ仕上げていこう。
| タテジマに想いを | 23:37 | comments(0) | - |