03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< センターポール | main | チクショーということで >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

下さんが投げた
 40歳の選手の怪我からの復帰という面で、タイガースファンはアニキを見ているので普通に復帰できるような感覚を覚えるかもしれないが、アニキは特別!!実際には非常に困難なことが分かる。

 下さんが昨日投げて、フィールディング面に重点を置いてプレーしたそうだ。

 4失点と言われると確かに不安である。下さんの場合はスピードで勝負するタイプではなく、いかにしてボール球を振らせるかという、投球術の投手。その復帰過程というのは非常にデリケートなもので、繊細なコントロールも求められるし、投げる以外の部分も多分に求められる。

 下さんが投げるときの捕手としては当然矢野さん。でもその矢野さんがいない開幕を迎えそうなタイガースにあり、下さんの相方探しもこれから本格化する。

 矢野さんがいない場合、下さんにとって誰が投げやすいのか?それを知るにはどの捕手が対戦する打者を点ではなく線でとらえる考え方が出来るかどうかにかかっていると思うのだ。

 打線とはよく言ったもので、点から線に変えて行くことで結果を出すもの。その点が連続することで線にならないようにする。それが下さんがグラブに縫いこんでいる前後裁断であると俺は思っている。

 矢野さんでは無い捕手の選択。これが成功したときに下さんの開幕ダッシュが実現する。そしてそれは受ける捕手の居場所を確定させることでもあるのだ。
| タテジマに想いを | 23:20 | comments(0) | - |