03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 影を再び濃くするために | main | 期待と想定 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

やるだけだ
 キャンプインして何回か金村大裕投手が報道されている。

 この投手には個人的に凄く期待しているのだ。だってプロ入り時の評判が“打者が怖がるストレートを投げる”んだもん。

 ドラフト指名順位としてはトップではない。しかしその後、上園投手や石川投手の登場があったことを思えば、入団年度の順番は逆だが金村大裕投手にも同様の期待をしてもいいはずだ。

 江草投手が鋭い指摘を見せ、あとが無い気分がいやが上にも盛り上がる。背番号を変更されたといっても、以前のものと近い数字ではなく遠い数字になってしまっている。報道では江草投手の一言でスイッチが入ったようだ。

 でもこれで落ち込んでいたらプロじゃやっていけない。今でこそ語られるエピソードで、あの球児投手でさえも自由契約寸前まで行ったというではないか。支配下登録の契約をされているんだからチャンスは存分にある。

 入団以来、なぜ結果を出せなかったのか?それは考える必要がある。トレーニング方法、練習終了後の過ごし方、プロ入りしたことをゴールにしてはいなかったか。それらを色々な角度から考えて、結果が出ていないんだから思い切ってそれまでを捨てて変えてしまうとか、実行に移す必要性を感じてほしいと思う。

 それともう1人、復権を待つ選手がいる。上園投手だ。

 球速アップを狙ったはずの昨年であったが、結果が出なかった。

 確かに勝ち負けの数字だけ見れば悪くない。だが、起用が減った背景には内容を見られた部分もあっただろう。

 今年は新人王を獲得した年の仕様に戻すようだが、結果的にこれが良い方向に出ると思っている。

 スピードではなく、マウンド度胸と球質の勝負になると思うのだが、これらの武器を上園投手は持っている。確かボールがちょっと動いて打ちにくいとか言われてたよね。

 相棒だった野口さんは移籍しちゃったけど、今年はナンバー2の捕手がきっとファームでコンビを組んでいたであろう選手になるんだから、今度は新パートナーと、又は矢野さんと新しいコンビネーションで打ち取ってほしい。

 1年だけ活躍するためにプロ入りしたのではない。もっともっと結果に飢えて野球をやってほしいと思うし、そこで結果が出ればいいなと願うばかりだ。
| タテジマに想いを | 23:04 | comments(0) | - |