03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 強く振れ | main | ちょっとおすすめ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

容易ではないが
 ウィリアムス投手(以下「ジェフ」と略。)が後継者を江草投手ということで指名?した。

 まだまだ後継者などと言わずに大活躍してほしいものだが、年齢的にも選手層を考えてもそういった存在は必要なものだ。

 あれほど左腕を獲っていながら中継ぎ左腕不足になっている現状は寂しいものだ。もしも江草投手のポジションに当てはまる左腕投手がいれば江草投手の実力と実績からすれば普通に勝ちパターンに入ることが出来る。

 ポストジェフを設定するということは、ポスト江草と呼ばれる投手を探し出すことになる。それは誰か?その辺は難しいわなぁ。

 ファームで実績を上げているのは能見投手。自身もファームでは上から目線で投げることが出来るのに・・・・・ということを何日か前の新聞で語っていたが、短いイニングなら充分通じると思う。特にあのスライダーとチェンジアップで苦しい時にカウントが取れるようになれば全然違ってくる。

 スライダーといえば育成枠になっている中村泰っさん。先発でやったりもしたけど故障の治し方具合では中継ぎ待機はできると思う。ただ開幕からは厳しいか。

 希望枠で入団した小嶋投手も少し気になる。このところ状態が報じられることも無いだけに期待半分不安半分だ。いや、期待の方が大きいかな?

 あとはこれも育成枠の木興投手。この投手は情報とか想像する姿について俺は知らんもんだから何とも言いようが無い。

 ってことで考えると江草投手の後釜には能見投手に期待するのが現実的かもしれない。幸い?にも真弓監督は1,2軍の入れ替えを頻繁に行いそうな流れなので、良い時に使って調子を落としたら入れ替えるというくらいでいいのかもしれない。

 1人を繰り上げれば次を繰り上げる。そうやって補充していくのは当然のこと。問題はその繰り上げる存在がいるかどうか。いるに越したことは無いではなく、作り出すことが大事。そんな1年になりそうだ。
| タテジマに想いを | 23:41 | comments(0) | - |