03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 新しく | main | 福原→球児 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

復活の狼煙
 別に復活という存在ではないのだが、やはり赤星選手の握力“復活”は素直に嬉しいと思う。

 首の負傷の影響で左手の握力が落ちてしまって15kgとか言われていた。これ、本当に大変だったと思う。

 赤星選手は左打ちの打者なので、左手は押し込む役割をする。投球に負けないで押していく部位が左手ってことになる。

 俺も試しに箒を持ってスイングしたのだが、素直な感想は「こりゃ大変だ。」というもの。俺は右打ちなので右手がそういう役割をするのであるが、実際には片手で打っているようなものである。押し込むほうの手は添えている程度といってもいいかもしれない。そんななかで1年間野球をして3割以上の数字を残したのだ。本当に凄い。

 赤星選手にホームランというものを期待している方は少ないと思う。ただ、各球団が“赤星シフト”というように、極端にレフト側を狭くした守備隊形を見るたびに、何とか引っ張ることが出来れば長打になるんだけど。と思ったことは1回や2回ではない。

 今までの赤星選手の長打というと、転がったところが良かったとか、相手が守備で少しやらかしている間とかであって、野手の間を抜いて行くという当たりは結構少なかった。それが握力が戻ることで違ってくるのだ。

 もちろん今までの赤星選手の出塁方法の凄さは認識している。でもそれは本人の意図する打撃ではなくて、苦しい中で見つけた唯一の方法。それが選択肢が広がるということだけでも相当に嬉しいことなのだ。

 今までに何度も書いたが、首の怪我は本当に怖い。ボールを捕る、ボールを打つ、投げる。体の中心にある場所だから全ての動作に関わってくる。グランドに経つこと自体が凄いことなのだ。それを克服する努力を怠らず、そして戻すことがどれほど凄いことか。

 引っ張る打球が飛ぶ。それが繰り返されれば相手の守備陣形も変わる。そうなったときに赤星選手の凄みは更に増すのだ。その根拠となる数字こそが握力であり、その数値の復活が即ち狼煙であるのだ。
| タテジマに想いを | 18:39 | comments(4) | - |
そうなんです。すごいんです、赤星選手は。いや〜 嬉しいっす♪ たけさんのエントリーほんとにいっつも嬉しいんです。長打が打てない・・・とか言われちゃうのせつなかったから。ご自身とか先輩選手が言われるのはいいんですけどね。ファンがわかったように批判するのは、やっぱりいい気持ちはしません。たけさんのようにベースが肯定の意見はすごく気持ちがいいです。いつもありがとうございます。

ずっと前にコメントさせていただいたんですけど、早稲田の一番は上本選手・・・ 失礼しました。昨日の虎バンでやっと二人(柴田選手と上本選手)の見分けがつきました(笑)

キャンプももうすぐですね。
楽しみです。
| ぷく | 2009/01/20 12:20 AM |

コメントご無沙汰しておりました。すみません。
赤星選手の体調ゲージがフルタンになったらそれはそれは
恐ろしいほどの威力を発揮してくれるでしょうね。
おっしゃるとおり、首を病み、握力がなくとも
今持てる力を全力で出しきって、さらに考えて狙って工夫して
08年もしっかり成績を残したわけですからね。
今年はまさにシフトをあざ笑うようなヒットを
量産してくれたら嬉しいですね!
07年の千葉マリン、9回に7点差を一挙ひっくり返した試合で
ライトフェンス直撃を二度も打った
(確か一度目は大ファールだったかな)彼の打席を見て
小柄な打者でもタイミングの取り方や体重の乗せ方で
あれだけ飛ばせるんだなーって感動した記憶があります。

打っては右に左に、守っては飛んで投げて、そして全力で走る
ガッツの塊のような53番に大注目したいと思います。
そして赤星選手を尊敬してやまない平野選手も
相乗効果で暴れ回ってくれたら最高です!
| とらうびこ | 2009/01/20 8:50 AM |

ぷくさん
 そうなんですよ。赤星選手は凄いんです。
 入団のときに「新庄選手の穴は僕が埋めます!」って言ったのを聞いたときには半信半疑どころじゃなかったんですけど、年を追うごとに新庄選手とは違う色で埋めてくれましたね。
 赤星選手は長打を狙うよりも何をすればチームに貢献でき、相手が嫌がるかを分かっている頭のいい選手だと思いますよ、ホントに。
| たけ | 2009/01/20 10:48 PM |

とらうびこさん
 こんばんは。
 私も2007年交流戦の千葉マリンの9回の場面はよく覚えています。HDD録画したものをDVDにダビングして保存しているくらいですからね。
 おっしゃるように、あの試合は1打席で2回、大きな当たりうを打っていますね。
 風の影響もあるのかもしれませんが、あれをやられると相手チームは考えちゃうでしょうね。
 
 個人的には、今こそ福本さんの臨時コーチの出番かな?と思ってしまいます。福本さんも170cmあるかないかの小柄な体で走りまくって更にホームランを200本以上打っていますので、タイミングで飛ばす打撃のお手本になると思います。
 ま、とはいっても赤星選手の最大の武器は脚の速さ。長打よりも健康な状態で走りまくってほしいですね。
 昨年最終戦の鬼気迫る盗塁を現地で見たので本当にそう思います。
| たけ | 2009/01/20 10:54 PM |