12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【捕手編】 | main | 【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【外野手編】 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【オフシーズンなので】 2009年 この選手に期待 【内野手編】
 今日は内野手編。

 実は2人いるんですよ。それは坂選手と大和選手です。

 坂選手の打撃能力ってのは問題無いくらいのレベルだと思います。

 力強さとか課題は挙げられますが、これも現地で観た試合ですが横浜スタジアムクラスの大きさだったらスタンド(最前列だけど)に入れる力はあります。これもバットに乗せる巧さを持ち合わせているからでしょう。

 この巧さに走りすぎると小さくまとまってしまうのですが、これも自分の武器の1つなんだと思って利用すれば全然違ってくるでしょう。

 今年、監督は代走屋を作るようなことをおっしゃっていますが、秋季キャンプで坂選手がこの数字で好記録を出したことで、打撃以外でも注目を浴びました。

 代走から出場して打席に入ること。これについては先日の記事でも触れていますが、このパターンに当てはまることが出来る一番近い存在が坂選手でしょう。きっと今年は違う姿が見れるはずです。

 そしてもう1人は大和選手です。

 秋季キャンプでは守備を更に向上させるため改良していたことが報道されています。

 守備位置はショート。このポジションはレフトと並んで1軍出場が難しいものとなっています。その中で出場機会を求めるのは正直言って辛い話です。

 そこでやはり代走枠からの出場になる・・・・・というより、私としては大和選手には代打バント枠を狙ってほしいと思います。

 代打バント枠。それはもう職人の域に達することです。

 大和選手の入団時に私が思ったことは、「タイガースが明らかに2番打者にするために獲得したな。」ということです。

 2番打者に求められるもの。それはバントや進塁打といった小技が代表的なものです。さまざまな思い出があるのですが、タイガースでは和田さんの印象が強いものとなっています。

 OBとしては2番を打つことは少なかったと記憶していますが、久慈コーチなども現役時代は相手がバントを警戒している中で見事に決めるといった場面を何度も見せてくれました。打順を別とすれば他球団ではドラゴンズで引退された川相さんや、ライオンズの黄金時代に活躍した平野さんや辻さんが印象的です。

 そういった脇を固める選手になれるはずの存在が今年の坂選手と大和選手。聞き間違えかもしれませんが、主演男優賞よりも助演男優賞の方が価値があるとかいうじゃないですか。タイガースの助演男優賞候補にこの2人が上がってくれば面白さは格段に上がると思います。
| タテジマに想いを | 16:21 | comments(0) | - |