03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 観戦予定を少し考えてみた | main | 若手の育成ということは >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

チャンスは利用
 和田コーチも真弓監督も揃って代走屋をベンチに入れることを表明している。

 俺は思うのだが、代走だけで1軍登録枠を1つ使ってしまって良いのだろうか?もったいない気がするのだ。

 シーズンを見ていると、先発が早々に降板する試合は必ずある。延長戦に入る場合だって何度もある。テレビ中継でアナウンサーが「ベンチに野手は○○と□□しかいません。」などと喋っているのを聞いたことは誰だってあるだろう。

 代走が出るというのは実は贅沢な話で、代打が出て代走が出る場合は2人の選手を起用することになる。

 代走ってのは走ってもらいたいときや、勝負どころで出る選手。もしも次打者が早いカウントから打って出て終わってしまえばそれで終わりという存在だ。本当に大事に使いたいのが代走というやつだ。

 そこで思うのは、代走というのは最終的な目標ではなくて、あくまでも1軍登録されて試合に出るための手段であるということ。代走だけじゃなくて、代走から守備に入るくらいは最低でもやってほしいと思う。そして次の打席で打つことまで念頭に置いたうえで目標にしてほしいと思うのだ。

 代走で終わる場面も多々あるだろう。でも何試合に1回かは代走から打席に入る場面もあるはずだ。その少ないチャンスをモノにできるかどうか。是非ともモノにしてほしいのだ。

 柴田選手は大学時代に首位打者を獲っている。その打撃で少ないチャンスをモノにしてほしい。

 上本選手は大学時代に打率は下げても勝負強い打撃をしていた印象がある。

 もちろんこの2人だけではない。今の時点で名前が挙がることが多いのがこの2人ということであって、他にも活躍できる選手はいる。

 少ないチャンスをモノにする。それは確かに難しいと思う。でも成功する選手はそういった強さを持っていることも事実だ。

 代走屋だけでは終わらない活躍を期待したい。

| タテジマに想いを | 22:59 | comments(2) | - |
たけさん
ご挨拶が遅れました。明けましておめでとうございます。
コメントはなかなか残せませんがいつも楽しく拝見しています。
オフも貴重なご意見を書かれていて「なるほど・・・」といつも思っています。
巨人の坂本選手も2007年初出場は代走でしたよね。2008年のキャンプで原監督に認められてオープン戦に出してもらったようですが。
何でもいいからまずチャンスをモノにする。これ大事ですよね。身体能力の高い選手は必ず出てきますよ!
| yu | 2009/01/06 1:22 AM |

yuさん
 あけましておめでとうございます。
 お互いにオフは更新に苦労しますね。
 おっしゃるとおり、チャンスを掴むことを大事に思って欲しいです。
 チャンスが無いのではなく掴むということ。チャンスが少ないのではなく少ないチャンスをモノにするということ。これを徹底してほしいですね。
 甘さは最大の敵って感じですね。
| たけ | 2009/01/06 9:52 PM |