11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 昨日で仕事納め | main | 故郷貢献? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ポスト○○
 タイガースには次世代選手の登場を願うポジションがいくつもある。

 一番目立つのは捕手かと思うが、赤星選手の代役も必要不可欠なものがある。

 赤星選手の場合は、首の故障という「痛くても我慢する。」というモノではないだけに、赤星選手が疲労がたまったときなどに、そのプレーの質の差を感じさせない選手はどうしても必要だ。

 少し前までは赤松選手がいたが、いなくなった選手のことを考えても仕方ないのでチーム内で探せば、やはり柴田選手ということになる。

 いや、大城選手もそうだろうけど、やはりこういうのは何年もファームにいるようなことがあってはいけない。大城選手がジワリジワリ来るタイプなら、柴田選手にはスルッと登場してスルッと走ってもらいたいのだ。

 脚が速いのは非常によろしいことで、しかし出塁できなきゃ意味が無い。代走要員で終わるようではスタメンは任せられないのだ。

 柴田選手の特徴として眼の良さがあるようだ。悪いよりは良いほうがイイに決まっている。あとは大事な大事な選球眼というやつになる。これが良ければ言うこと無しだ。俺は結構期待している。

 さて、他にはライトを守る選手とアニキの後釜も必要だ。

 テレビ番組でアニキが4番候補として新井選手、桜井選手、林選手の名前を挙げた。でも同じ日のスポニチではNTT東日本の外野手である清田選手の獲得を狙うと報じるなど、ライトについては何も決まっていないことが伺える。

 実際、新井選手と他の2人では実績に大きな差がある。いや、比べる以前の差がある。それが事実。

 アニキが挙げた名前のうち、新井選手は現実的な線で、桜井選手と林選手は素質は買っているけど“強いてあげれば”というくらいと思っておけば良い。それを覆すくらいの活躍が必須なのである。

 極端な話をすれば、林選手(または桜井選手)が活躍してライトのレギュラーを不動のものにしたとする。当然、もう1人は出場機会が無い。それなら飼い殺しにするくらいならトレードで出そうか?こんなこと(どちらかトレード)は有り得ない話だが、それくらいの活躍をどちらかがしなければいけませんよ。というのが2人にとっての2009年だ。

 外野手はレフトとライトが不動の2人である。不動であるがゆえに備えも必要。林選手、広大選手、これに庄田選手も加えてライトをモノにしてほしいと思う。(メンチは別枠で)
| タテジマに想いを | 23:21 | comments(2) | - |
ポスト赤星の話題はわたしにとっては非常に複雑なのですが、でも、柴田選手には非常に期待しています。早稲田でリードオフマンだったそうなので、リードオフマンとは何ぞやを効率的に赤星選手から学べるかもと言う点でもとても良いなぁーと。リードオフマンのプロを目指して欲しいです!
ライトに関しましては、私自身は浅井選手にぜひともレギュラーを取って欲しいと思っているのですが・・難しそうだなぁー とにかく来季、ベテラン勢や評論家、ファンを良い意味で裏切る若手の出現を心待ちにしています。
でも、もちろんセンターは♯53ですが。

たけさんのブログに出会い、また違った角度から野球を見ることが出来、大変楽しかったです。読み応えのあるエントリーばかりで、本当にありがとうございました。
来年も、来季も、更新を楽しみにしています。どうぞ良い年の瀬をお迎えください。
| ぷく | 2008/12/29 12:35 AM |

ぷくさん
 コメントありがとうございます。
 確かに赤星選手のファンにとっては複雑かもしれませんね。
 でも、俊足の選手が2番に入るとか、ライトに入れば、俊足の右中間、俊足の1,2番といった、見るものをワクワクさせてくれるはずのコンビが見れる楽しみもありますね。
 柴田選手の課題は、赤星選手のような努力が出来るかどうか。2位指名であっても下位指名の選手のようなハングリーさを出せるかどうかですね。期待して見て行きましょう。
 そうそう、柴田選手は国際武道大学の選手ですね。早稲田でリードオフマンだったのは上本選手のほうですね。いずれにしても俊足選手の加入はチャンス拡大の可能性があって楽しみです。

 えっとですね、本当に今年はブログを続けていて辛い1年だったような気がしていますが、それでもぷくさんのように励ましの温かいコメントを下さる方がいらっしゃって本当にありがたく思い、感謝しています。私にとっては取材と言っては申し訳ないのですが、様々な方からお話を聞かせていただけた貴重な1年でもありました。

 また来年も来季も継続を念頭に更新を続けさせていただければと思っています。どうか気長にお付き合いください。

 ぷくさんも良いお年をお迎えください。今年もありがとうございました。
| たけ | 2008/12/29 1:05 AM |