08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今岡ファンですけど〜♪ | main | 西伊豆に行きました >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

エースとして
 安藤投手が契約更改で来年の活躍を誓っている。

 俺は昨日、録画していてまだ見ていなかった虎バンを見た。それは安藤投手が出演したときのものだ。

 その中で安藤投手は自分の登板の意味を語っていた。自分の投球がチームにとってどういったものになるのかということ、その影響などだ。そしてそれらを考えて、ゴロを打たせる球種であるシュートを選択したということも。

 思えば2008年は安藤投手にとってチームのことよりも自身の復活を考えなければならないはずの年だった。しかしそれを承知した上で、自分のことだけではない内容も視野に入れていた。

 俺はこのこと1つ取っても安藤投手がエースだと言い切るのだ。

 自分の投球を客観的に見ることができる。自分の投球がチームにどういう影響を与えるか考えることが出来る。それは自分の投球が野手にとってどういうものであるか。併殺を取ることができたら野手に勢いがつくからシュートを覚えたなど、とにかくチームとして勝つための具体的なことまで考えていた。俺はそれが嬉しかったのだ。

 多くの選手は個人的な数字を挙げる。多くの選手はチームの勝利のためにと言う。ではそれらを達成するために具体的に何をするのか?という答えまで用意して発言できる選手は意外に少ない。でもその答えを安藤投手は用意できているのだ。

 4月11日からの3連戦。俺は横浜スタジアムで安藤投手の投球を目にする機会がった。あの試合、完投するけど負けちゃったのだが、それでも投球内容はエースと言っても恥ずかしくないものだった。意地でも相手よりも先にマウンドを降りてたまるか!という気迫がレフトスタンドにも伝わってきたのだ。

 今年の雪辱を来年!!その答えは安藤投手に限って言えば既に用意できているのだ。
| タテジマに想いを | 09:29 | comments(0) | - |