07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 狙う葛城 変える金村大 | main | あさちゃん。の企画に参加してみる >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

素材型勝負
 新入団選手に関する報道を見るにつけ、1つの想像が浮かんでくる。

 ドラフトに指名される選手には何種類かあるのだが、その中で俺なりに大別するとすればー尊欸拭↓∩悩犒燭箸任盡世┐个いい里?なんて分類になる。

ー尊欸

 実戦型、即戦力など色々な形容をされる。主に大学・社会人出身を指すことが多い。

 1年目からある程度の結果が期待されるタイプ、またはそういったチーム事情の球団に指名されることが多い。

 現時点の完成度も高く、多くのドラフトで上位指名される傾向にある。

∩悩犒拭

 ある程度の期間を能力開発、育成に充てることで能力開花を狙う、または狙えるだけの素材を持った選手。

 高卒選手であることが多い。

 上位指名されることもあるが、下位指名で隠し玉などと呼ばれるケースもある。

 さてそこで、今年のタイガースの選手はどうだろう?投手は実際型、野手は素材型になるのかな?なんて思ってみた。

 育成枠の選手はちょっと外して考えるのだが、投手に関してはタイプ的にも1年目からの活躍を期待している様子がうかがえる。

 しかしながら野手については、身体能力の高さが大きくPRされた。

 もちろん素材だけではないことは明白なのだが、大学卒として入団し、1年目から活躍を期待されていることだけでなく、入団後の伸びしろのアピールもあるのではないだろうか?

 現時点の完成度も低いわけではないだろうが、それ以上に今後の伸びしろもある。

 その伸びる速度も高卒選手とは比較にならない部分があるんだろう。

 大学野球という、同世代の選手が多い中で磨かれてきて、それをプロで開花させる。上手く書けないのだが、成長するスピードが高卒選手と同じであるならば高卒選手を獲得すると思う。

 だが、ある程度即戦力であり、伸びしろもある。少しの成長ですぐにでも活躍できそう。そんな感じで獲得したのではないか?と思うのだ。

 言わば“急成長型”とか“仕上げ型”とでもいうのだろうか。そんな感じを受けた野手の身体能力の高さを感じた報道だった。

| タテジマに想いを | 22:01 | comments(0) | - |