08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 悪くないならいいことだ | main | 体が語っちゃった >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勘違いを防ぐには・・・・・?!
 岡田前監督がチームを視察?に訪れ、若手選手の勘違いについて一言おっしゃった。

 岡田監督が何かの対談で驚いていたのは「1年活躍したら、もう応援歌が出来ている。」という部分。これは確かにそうだなぁ。と思う出来事だ。

 とりあえずは「アイヤ!」にしておいて、やがてオリジナルへ。昔・・・・といっても2004年までは以前のHMだったから、曲の数も豊富にあり使い回しなんかをしていた時期もある。

 例としては、確か鮎川さんか誰かに使われていた曲(♪Go Go Let's Go ○○ バックスクリーン目指して・・・・・♪)が赤星選手になって、赤星選手にオリジナル(♪フィールド駆け抜ける セ界一のスプリンター・・・・・♪)が出来てからは葛城選手に使われたなんてこともあった。

 赤星選手でさえオリジナルのヒッティングマーチが出来るまで時間がかかっていたのだが、今の選手は1年の活躍や、1軍の実績が無くても活躍するのではないかと思われればヒッティングマーチが出来る。

 ま、名前を挙げちゃえば前者は広大選手と狩野選手のことだと思うし、後者は浅井選手や広島にトレード移籍した喜田選手ってことになるんだろう。

 阪神ファンは応援が熱いと言われるので、確かに必要以上に持ちあげるところがある。岡田前監督がおっしゃっていた「ヒット1本で・・・」ってことは実によくあるのだ。

 年俸面でも1年ごとの結果で反映されるから、大きく上がる。そして活躍しなくても減俸の割合は協定で25%以内と決められているので下がったとしても本人の了解なしでは1年で半減とかいうのはない。

 そういった諸々の面で考えると勘違いしやすい誘惑は至る所に転がっていると思う。

 ヒッティングマーチは継続して活躍できる選手だけでいいのかもしれない。オリジナル色を出そうと過剰に意識すると、せっかく作ったはいいが歌う機会すら無いなんてことにもなりかねない。

 継続して活躍して、「このポジションはこの選手が当然!」というくらいの存在になって初めて作られた方がいいかもしれない。

 良くなるのは時間がかかり難しいが、失うのは簡単である。せっかく積み上げたものが勘違いなどでダメになってしまってはもったいない。そして1年間ダメだったものは1年で取り返すことなんて出来ないことの方が多い。1年ダメだったらその倍以上の時間は軽くかかるような世界である。

 色々と衝撃的な言葉を残していった前監督の安芸訪問。でも言っていることは間違っていない。一流と呼ばれている選手は、そのレベルで立ち止まらなかったから築けたのである。

 減俸が続出している契約更改で数少ない昇給選手であった小宮山選手に「まだホップ・ステップ・ジャンプの“ホ”の字である。」とフロントが言ったようだが、これくらいでちょうどいいのかもしれない。

 慢心せずに努力を続ける選手が同じチームにいるのである。1年だけの活躍を本物と思うのは早すぎるよね。だってファンが観たいのは1年だけ活躍する姿じゃなくて、何年もタイガースで活躍してくれる姿なんだから。
| タテジマに想いを | 22:53 | comments(2) | - |
お久しぶりです!
オフシーズンも更新ありがとうございます!
勘違い・・タイガースならではのことかもしれませんね。
2軍の若手選手であっても、他球団の1軍選手のようにファンにチヤホヤされる。。
(今年はオリックスも20試合近く観戦したので、その差を痛感しました。)
そこで勘違いせず、目標に向かって努力し続ける強い気持ち
や、自分を客観視できる力が必要なんですよね。
何年も活躍してくれる若手選手がどんどん育って欲しいなぁと思う今日この頃です。

#今週末は、ファンの集いです!久々に選手に会えるので楽しみです(*^_^*)
| ピンクハット2号 | 2008/11/18 10:05 PM |

ピンクハット2号さん
 こんばんは。お元気ですか?
 岡田前監督がおっしゃっていた、ヒット1本で一面になる云々は本当なんですよね。
 でもそれは、チームを引っ張る選手を心待ちにしているファン心理の裏返しでもあります。
 少しの活躍で勘違いするのではなく、もっと自分は出来るんだ!と思って、さらに精進してほしいものですね。
 1年だけ活躍すれば良いという世界ではありませんからね。
| たけ | 2008/11/18 11:43 PM |