05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 「でも」、「しかし」、「だが」・・・・・ 【感謝】 2,000記事達成 【ありがとう】 | main | 勘違いを防ぐには・・・・・?! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

悪くないならいいことだ
 昨年のこの時期、岩田投手が秋季キャンプで好調さをアピールして春季キャンプからチャンスをつかみ1軍へ。そして1年間ローテを守り切った。

 その姿がダブってくるのが白仁田投手。秋季キャンプ初日から好調さをアピールすることに成功している。

 ユニフォームの着こなしもオールドスタイルっていうか、ストッキングを長く出したスタイル。野手だったら広島の赤松とかがいるけど、投手でストッキングを大きく出す選手を見るのは久しぶりな気がする。いやぁ、しかし脚長いわ。人気出るだろうなぁ。

 ドラ1の蕭選手も期待されているが、白仁田選手は実質的には来年が1年目のようなもの。素材としては大型投手なので迫力だってあるだろうし、打席に立った選手が「球の出どころが分かり辛い。」という、投手にとって嬉しいコメントを言っていることもプラス材料だ。

 ドラフト時は、怪我さえなければ大場級の投手と言われた。その大場はソフトバンクに入団した今年、活躍できたかといったら開幕時しか印象に無いのだが、こっちの白仁田投手は少なくとも素質だけは問題無いはずだし、「怪我さえなければ」の「怪我」が治ったんだからドラ1の存在を見せてくれるのは来年ってことになる。

 蕭選手への期待の大きさも理解できる。そりゃそうだろう、ドラ1だし。でもね、焦る気持ちと戦いながら怪我を治してきた選手への期待ってなんか普通の選手への期待よりも大きくなっちゃうんだよね。例えば鶴選手もそうなんだけど、怪我をしたことで野球を出来ることの幸せを感じたと思うし、それをグランドで出してくれたら見ているこっちも嬉しい。

 白仁田投手は打者を相手にした投球でかなり抑えたらしいじゃないか。打席に立った広大選手に対してはストレートで三振を奪う。

 なんでもマメを潰しているのでストレートしか投げられなかったらしいけど、裏を返せばそのことを打者は分かっていただろう。なにを言いたいかっていうと、ストレートが来るって分かっていながら打てなかったということ。そう解釈したっていいかもしれない。

 今の時期はあくまでも参考に留める方が良い。でも悪いより良い方がイイ。それが見えたことが嬉しいことだと思った。

 でも広大選手には打ってほしかったのだが。
| タテジマに想いを | 22:59 | comments(0) | - |