07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ドラフト感想 1 〔全体的に〕 【辛口に書きます】 | main | あのセンター >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

知っているもの
 ドラ3で指名したのは上本選手だった。

 元々、広島が高評価していた選手だが、今季は不調で評価を下げて他球団が指名しない中、3位指名できた。

 ってことで、1位指名されてもおかしくない活躍やセンスを見せていたのは間違いないのだ。

 それがこの不調というのは、単なる好不調のなみであるのか、早熟だったのか。その辺の判断が実に難しいのだ。そういう点では、同じ早稲田なら捕手の細山田のほうを指名すれば・・・・・と当初は思った。

 だが1つ注目すべきことがある。それは小柄であることなのだ。

 ハッキリいって小柄は有利ではない。小柄な選手は機動力とか小技を求められ、それに特化する選手が多いのだが、忘れちゃいけないのは“同じことが出来るのなら背の高いほうが有利”であることだ。

 同じように盗塁ができ、同じように守備が出来、同じように小技が出来たら、手が届く範囲なんかを比べたら少しでも大きな選手を使うだろう。そんな世界でやっているのだから小柄な選手は凄いと同時に、自分を活かす方法を知っているのだ。

 名門の広陵高校で活躍し、これも名門の早稲田大学で活躍した。これは自分の活かし方を知っている証拠なのだ。

 ここまでは出来たしやってこれた。では次は?それが生き馬の目を抜くプロの世界ってことになる。

 丈夫な体があるから練習も出来る。こがらだけど神宮球場の左中間に大きいのを飛ばすことも出来ている。雑にならず丁寧に。それはプレーだけじゃなくて練習や態度にも活かすもの。それができる選手であると俺は思っているのだ。
| タテジマに想いを | 18:56 | comments(0) | - |