03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 運命を感じたんだってさ | main | 第69回 菊花賞を予想してみる >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

久慈さんに教えて欲しいこと
 OBの久慈さんがコーチとして復帰することが決定的となったということだ。

 久慈さんといえば守備とバントの人だ。

 ルーキーの年から活躍し、タイガースに貢献したが後にドラゴンズにトレード。そしてタイガースに復帰して2003年の優勝に貢献してくれた。

 その久慈さんだが、オレは強烈な思い出がある。

 あれは2004年。鳥谷選手のルーキーイヤーだった。

 よく晴れた甲子園でオレはブログ仲間のXtaSEAさんと観戦していたのは覚えている。あとは、たかさんも一緒だったかな?

 試合前の守備練習。スタメンは鳥谷選手だったと思うのだが、その練習でオレは久慈さんのプレーに驚いてしまった。それは捕球してから投げるまでのスピードが全然違うのだ。

 今は鳥谷選手も守備が上達しているのだが、当時の守備・・・・・っていうか、タイガースの他の選手の守備は、「捕る→ボールを握る→投げる」の3つの動作からなっていた。もちろんこのうちどれか1つが抜けてもいけない。

 だが久慈さんの守備は違った。「捕った瞬間に握る→投げる」の2つの動作でやっているようにしか見えなかった。言い換えると捕球することとボールを握るという本来2つの動作であるはずのものが1つの動作として行われていたのだ。そしてそれが実に正確だったのだ。

 体格に恵まれているわけではない。肩だって「強い!」と言い切れるほどの強さは無かったと記憶している。だが守備の名人として名を馳せただけあって、本当に無駄が無く正確なのだ。これには本当に驚いた。

 今年のタイガースの内野はバルディとか平野選手とか思い切りの良いプレーをする選手が新加入した。関本選手も飛躍的に守備が向上した。だが「これでいい。」というレベルであるかどうか。その余白を久慈さんに埋めて欲しいのだ。

 守備コーチに久慈さんというのはまさに適材適所。守備名人の出現が楽しみである。
| タテジマに想いを | 22:55 | comments(0) | - |