03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 振りかぶれ!! | main | 誠!誠!!誠ぉ〜!!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

負けてないけど勝てなかった
 中2日で下さんを先発。とにかく今は勝てる手は全部打って勝ちに行っている。それだけは間違いないのだ。

 この試合は点を取れるときに取れなかったことが一番響いた。

 四球というのは野手がどうにも出来ずランナーを出すこと。これを横浜の小林が何度もやってくれたのだがタイガースは決め切れなかった。

 以前よく言われたのは読売戦後の燃え尽き症候群。実際にあの3連戦は精神的に大きなものを残したと思うし、それだからこそ球児投手が「楽しんでます。」と言ったことでチームを救おうとしている。

 ノーヒットノーランというものを狙ったわけではないだろうが、こういうのは途切れたときに試合が動きやすいもの。そしてこれが続いている間は貧打になりやすいものだ。そしてその2つが的中した形となった。

 現在のタイガースでは赤星選手の出塁に大きな比重を置かざるを得ない。その赤星選手が出塁できなかったことが試合に大きく響いた気がする。

 しかしテレビ放送で聴いたところによると、赤星選手は現在左手の握力はほとんど無い状態らしい。それほどにまで首の故障から影響が出ている。

 今日のタイムリーになった内川の当たりだって、怪我が無ければ掴めていた当たりだろう。それでも試合に出続ける赤星選手なのだ。

 先述した読売戦後の燃え尽き症候群。今までだったら試合に負けていたと思う。それを守備で凌いで、今季いつものようにピンチを作りながらも今日は作っても決定打を与えなかった久保田投手がいて、途中出場で好プレーを見せた藤本選手がいて、外野から思い切り突っ込んだ平野選手がいた。

 3安打。普通なら負け試合である。確かに内容では劣勢だった。でも結果までは渡さなかった。

 広島では読売が引き分けた。それに付き合う形となってしまったが、3安打でも負けなかったという大きな結果が残った。

 しぶとさだけは無くしてはいけない。だってそれが執念なんだから。その執念っていうか気持ちそのものをぶつけていけば必ず笑顔で結果を迎えられるというものだ。
| タテジマに想いを | 22:30 | comments(0) | - |