12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 勝つ姿 | main | 〔本日1本目〕 お知らせ!!ちょっと閲覧しにくいのかもしれません >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

そういうのは後にして
 1ゲーム差にまで縮まった試合になってしまったが、「もうこれで追いつかれる。」とか「もうだめだ。」というのは本当にダメになってから心配すればよいことで、今のうちから心配することではないはずだ。

 下さん、今日は球が高かったねぇ。そして投手陣は矢野さんの構えたところに投げることが出来ていなかった。

 ソロだったら仕方ない。でもランナーをためて一発行かれるのはダメ。これって読売と戦うときのセオリーのようなものだ。一発もソロだったら仕方ないのに、ここ2試合はランナーを出すことすら怖がっているかのような試合だ。そこまで怖がらなくてもいいのに。

 確かに今の読売は強いと思う。でもタイガースが勝てない相手ではないのだ。ホームランだって看板に当たっても、フェンスギリギリでもソロだったら1点と決まっているのだ。別に看板に当てたら点数が3倍になるなんてルールは無いのだ。

 下さんは打たせて取るピッチングをする人である。しかしこの「打たせて取る。」と「逃げる。」は同意語ではない。また、「かわして打ち取る。」と一口に言っても、「逃げるようにかわす。」のと「攻めて行って打ち取る」のでは全然違うのだ。

 明日は岩田投手が予想されている。でも俺は初物をぶつけても良いと思っている。1軍昇格以来、今日のような試合でも出番がなく静かに待っている男。大学社会人ドラフトで入ってきた男。石川俊介投手に「最初の3イニングでいい。とにかく飛ばして行け。あとは何とかする!」くらいの気持ちをかけてみたいとさえ思う。

 打撃については何も大きく大きく答えを出そうなんてしなくて良いと思う。矢野さんがサヨナラを打った時はどうだっただろう?今岡さんが復帰後初戦でホームランを打った時はどうだっただろう。そこに通ずるものは「粘り」である。

 大量失点で集中できないことは理解できる。選手だってあれだけ周りから今の状態を煽られていれば平常心じゃない気持ちも分かる。

 アニキだって人間で、言った以上は結果で示す!という気持ちが強すぎるのか、変に空回りしたバッティングになっている。その気持ちも分かるのだ。

 ただ、前述したが“粘る”のである。球数を投げさせる。相手の投げる球に慣れる。そりゃぁ好投手からは粘るのも大変だ。でも全員が一緒になって粘っていけば必ず甘い球も来るのだ。

 タイガースを引っ張っているのは金本選手かもしれない。いや、今シーズン、今まではそうだったと思う。だがここからは違う。違ってくれなきゃ困るのだ。

 今のタイガースを引っ張るのは赤星選手だと思っている。彼こそが粘りの権化である。昨日も今日も、最後の打者は赤星選手、それも両打席とも三振で終わっている。この悔しさに黙っている男ではないと俺は信じている。

 小さな体で大きな背中。その背中がもっと大きな目標に向かってあらん限りの力を注いでいる。その背中を信じて付いて行けば必ず光を掴めるのだ。
| タテジマに想いを | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/198501