05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 高めのボールをスタンドへ | main | ここで勝とう!このチームで勝とう!という気持ち >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

臆病になるな!!気を抜くな!!風邪ひくな!!
 試合は終わった。3ゲーム差になった。は?まだ3ゲーム差のリードですよ!!俺は今日、熱が出て早退したんじゃ!!鼻水が止まらんのじゃ!!鼻をかみ過ぎて鼻の周りが赤くなってヒリヒリしてるんじゃ!!でもブログだけは更新する俺。薬、少しだけ効いてきたみたい。この記事を更新したら風呂入って屁こいて寝ます。

 ただ今日は残念なプレーがあった。多くの方は想像できるだろうけど、チャンスを狭殺プレーで潰した場面だ。あれは基本、ゴロゴーだろう。

 解説では2塁ランナーの関本選手が3塁ランナーの矢野さんの動きを見ていなかったように言われていたけど、俺は違うと思うぞ。高く弾んだ人工芝バウンドだったからこそ、いや、そうじゃなくてもゴロゴーだろ。特に極端な前進守備体系でもなかったように見えたぞ。

 ここまで競った展開になると、どうしても1プレーの集中力が求められる。昨日のように打って勝つ試合もあるのだが、点は相手にプレッシャーをかけて取り続けるほうがつながりを生みやすい。特にタイガースに求められているのはつながりである。それを絶つような真似をタイガースの選手がしてはいけないのだ。

 確かにファースト正面の当たりであったのでホームに突っ込むには勇気が要ったことだろう。ただこれは勇気とかそういう問題ではないのだが。

 ここで手放した流れを取り返すのは容易ではない。昨日だってドラゴンズのエラーから流れを掴み、それを最後までドラゴンズが取り戻せなかったように、流れを失うということは本当に怖いのだ。

 福原投手は少しムラがあるのではないだろうか。指の骨折は投手にとって商売道具とでもいうべき微妙な感覚を操るもの。その指先の微妙な感覚の違和感もあるかもしれない。

 ただウッズへの投球は良かったのだし、それをどこか自分で切ってはいなかったか?1イニング2被本塁打というのはやってはいけないことと書く以前の問題だ。

 ゲーム差?そんなもんは今心配することではない。最終的に0.5ゲームでも、いや、勝率が1厘でも上にいれば勝ちなのだ。ただそれを呼び込むためには相手に流れを持って行かせない野球をしなければならない。

 それには基本を怠らないこと。そして攻める勇気を持つこと。行けるところまで行けばあとはチームが何とかしてくれる。読売に追いかけられて、チームの調子も上がらない。ただチームは日増しに一体感を増している気がする。勝ちたいという気持ちが強くなっている気がするのだ。それは俺たちファンだって。

 たから勇気を持って戦って欲しいし俺も応援する。信じるのは優勝すること。みんなで一緒に喜ぶこと。ただそれのみである。
| タテジマに想いを | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/197991