05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今日は負けたくなかったなぁ | main | 役割再確認 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

マエケン倒せ
 そろそろ打とう!という試合だったが、実際にここまで不調の中ではそうそう簡単に打ち崩せない。

 ま、それだけマエケンも好投手なのだが、横浜の三浦といい、どうもタイガースは変化球で緩急をつける投手に弱い気がする。こりゃ参ったなぁ。

 と言っている場合ではないのだが、これは打線が復調すれば解決する話のような気もしているので来季は大丈夫だろう。

 しかし今日もサヨナラだった。とにかく先発が頑張って試合をつないで打線が少ないチャンスを作り出してモノにする。その展開しか勝つ方法が無いのだが、強引にでもその試合展開に持っていけたことで試合をモノにすることができた。

 なんだかんだ言っても先発投手の力が大きい。だから今の時期は先発が思い切り踏ん張ってくれなきゃ勝ちが遠くなる。その踏ん張りを下さんが見せたのだ。

 立ち上がりは不安定な内容が続いた。でもそこで崩れてしまっては試合が終わってしまう。ここを踏ん張った力が今のタイガースの力だし、下さんの凄さではないだろうか。

 終盤、マエケン降板で試合は勝つ!と単純に思っていた。その為だったらわざとマエケンの打順にチャンスを回して代打でも送らせて打ちとって投手交代!なんてことをやったっていいと思った。

 結果的にそれは降板後に勝ったことで実証された。確かにあまりかっこいいものではない。でもここまできたら特定の投手を苦手云々ではなくてとにかく「勝った」という事実が残ればそれで良い。

 倒すべき投手はいくらでもいる。ただ野球は1人では出来ない。1人の活躍で勝てるほど簡単なものではない。ただ1人の存在が大きいというのも事実である。今日は1人じゃなくてチームで勝ったってことかもしれないね。
| タテジマに想いを | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/197734