06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 〔本日2本立て〕 やはりこういうツキも必要 | main | さぁ、行くぞ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【本日2本立て】 今岡誠に魅せられて
 始めにお断り。この記事は今岡選手の大ファンである私が今岡選手への気持ちを綴ったものです。普段は賛否両論のコメントにもお返事させて頂いていますが、この記事に関してのコメントは今岡選手の復活を願う方からのみしていただければありがたく思います。以下、本文。
 誰でも好きになるきっかけはある。例えば俺にとっての阪神タイガースは子供の頃にテレビで観たタイガースのユニフォームを「かっこいい!」と思ったことがきっかけだった。今にして思えば70年代の袖のあたりがギザギザになっているユニフォームの1つ前くらいになると思う。

 きっかけはユニフォーム。しかし好きでい続けるには他にも理由があった。子供のころのことだから野球の戦術とかそういうのはわからない。ただ1つわかったのは選手のかっこよさだった。

 見た目のカッコよさなんてものからは離れているのだが、田淵さんがホームランを打てば嬉しかった。田淵さんがいなくなったのは悲しかったけれど掛布さんが頑張っていたので好きになった。江川事件でタイガースに来た小林さんも応援した。バース選手も大好きだった。そして“少年隊”の中では大野久さんが好きだった。そしてその中で好きになったのが今岡選手だったのだ。

 今岡選手の入団は今でも忘れられない。この年は濱中選手と関本選手が同期入団という当たり年だったのだが、大学野球のスターだった今岡選手が地元の阪神タイガースに入団するという衝撃は、俺にとっては岡田さん(現・監督)以来のものだった。

 大学野球では、井口選手(現・メジャー)と双璧の大型内野手と言われていた選手である。その選手がタイガースを選んで入団したのだ。(噂では読売を蹴ってタイガースに入団したと言われたものだ)

 それだけで充分すぎるのだが「背番号7番」を背負い、今でも俺は思うのだが球界屈指の名曲のヒッティングマーチを背負ってプレーする姿は、たとえそれが凡退であっても大きな期待で観ていたのだ。

 2002年からは存在感を増し、2003年の優勝時には先頭打者として初球撃ちからのホームランを量産。初回の先頭打者の今岡選手の姿をライブで見たくて、俺は仕事を定時にあげて急いで帰宅したものだ。

 それ以降の姿は記憶に新しいと思う。その中でも1つ大きな印象として残っていることがある。それはFA権利を取得しながら行使せずにタイガースに残った時のことだ。

 この年、今岡選手は不調であり、前年から大きく成績を下げた。当然年俸は減額対象である。手法としては「宣言残留」すればFA選手の再契約金で年俸自体は下がっても収入自体は変わらない程度のものがあったと思う。

 しかし今岡選手はそれをしなかった。成績を下げながら収入が増えるような真似はしなかったのだ。そして報道を通じてファンに語った言葉が凄い!!

 「相思相愛でタイガースに入団した。」、「入団した時の気持ちは今も変わらない。」

 なんとも驚く言葉がよりによって今岡選手の口から語られたのだ。これには俺は本当に参った。自分が好きな選手が好きな球団を好きだと言ったのだ。これほど嬉しかったことは本当に久しぶりだった。

 確かに3年連続で不調である。開幕前に「ヒットを量産する。」とか「ホームランを狙う。」とか言うと不調になる。彼のような選手は目標など立てずに「野球をやる。」くらい言っておけば好成績になるに違いない。それくらい思う。

 もう1回書くが、3年連続で不調である。しかし俺が今岡選手を見て勝手に一緒に歩んできたと思っている今岡ファン歴は彼の入団以来ずっとである。3年くらいでは足りないのだ。

 打つと決めたら顔面の高さでも打つ。外のボールを狙っているとど真ん中のボールにものけぞる。確かに脚は遅い。ストライクよりもボール球の方が上手く打てるような気がする。守備範囲が狭くなってきている気もする。

 今の状態では褒める言葉よりもそうでない言葉の方が多くなってしまうが、それでも今岡選手の一打に笑って泣いて驚いて燃えた記憶が無くなるわけではない。いや、むしろ更に大きくなる気がするのだ。

 試合が無い日の記事とはいえ、サンスポにあのような記事を書かれた。これはファンとして実に悔しい。とてもドライではいられないものである。俺はタイガースに関しては諦めが悪いのだ。タイガースファンは口では色々言うが、根底に愛情を持ち、選手とチームに対して諦めが悪い人種の集まりではなかったか?!俺は悔しいぞ!!

 捲土重来。それを信じて俺は今岡選手を応援する。頑張れ!今岡!!負けるな!今岡!!

 小手先の小細工なんか止めて、とにかく一生懸命練習して復活の姿を見せてくれ!!俺はそのときが来ることを信じて待っている。


P.S.Kaleidoさんとこの記事を拝見してから書いたので似たような内容になりました。今岡選手のファンは同じことを願っているんですね。
| T−コラム | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
たけさんのまっすぐな思いが伝わってきました。
私はちょっと歪んだ愛情ですので、「似たような」と言われると恥ずかしくなりますが(笑)
今岡さんはマジモードでもネタモードでも最強の逸話を残してますので、
私のような人間にすればホントに目が離せない存在なのです。
今はクローゼットにしまってある背番号7のユニフォームを、
甲子園に堂々と着ていける日が来る事を願わずにはいられません。
| かれいど | 2008/09/05 12:51 AM |

かれいどさん
 私も今季は今岡さんのユニを着て行き辛い気持ちになっていますし、実際に着て行ったことがありません。
 しかし気持ちは、かれいどさんもおっしゃるように、胸を張って着て行ける日をずっと待っています。
 っていうか、明日からの広島市民には持って行って、土日のどちらかで着ようと思っています。
 ということで、土日、球場で是非お会いしましょう!
| たけ | 2008/09/05 7:00 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/196598