07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 五輪野球雑感 | main | 最多勝を獲れ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

さぁ、もう1回スタートだ
 オリンピックで変則日程になっていた日程も、やっと少し元に戻ろうとしている。ま、8連戦ってのが本当に変則なのだが。

 タイガースでは地味に先発投手不足がささやかれている。いや、頭数はいるのだ。ただ計算できる先発が少ないということが痛いのだ。

 下さん、安藤投手、岩田投手はローテを掴んだ。そして安定してきた。福原投手も復帰が秒読みになっている。さて、それ以外でどうするよ?なのだ。

 今日の報道では石川投手の再昇格があるかどうかで注目されている。

 例えば今年、昨年の新人王の上園投手が苦労したようにプロの世界は限定的な好調だけでは評価されず、安定した結果を継続して出すことが重要視される。

 ファームで若竹投手がノーヒット・ノーランをやったが、何でも次の試合では安定感に欠ける内容だったとか。若竹投手が好調だったら素晴らしい投球をすることは首脳陣は知っているのだ。でも安定感を継続して出せることができれば・・・なのだ。

 石川投手は1軍のときは中継ぎで登板した。そこでゼロに抑えた。そのポジションでは少ない登板ながら結果は出した。そして次は前で使いたい。だから1軍にいて不規則な当番で待機するよりは、ファームで前で投げる投球をして上がって来いという気持ちもあっただろう。

 いつ、どこで上がってくるか未定だろう。投球はフォークを多投するスタイルなので、長いイニングを投げるには他の球種だって必要になろう。それとも精度を上げるか・・・・・いずれにしても若い投手、未知の投手が今の時期に出てくることは今後の勝負どころを考えればチームにとって勢いがつく。

 昨年の終盤、苦しかったチームに新しい息吹を吹き込んだのはルーキーの上園投手だった。別に上園2世になってほしいなんて思わない。石川投手は石川1世になればいい。そのステージに立つために先ずは安定感。ここに俺は注目してみたいと思う。
| タテジマに想いを | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/195282