11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 信じるということ | main | 虎を着るのか?にじませるのか? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

次に向かうための試練
 といえばそれまで。先ず必要なものは変えるということだ。今日観戦に行かれた方、お疲れ様でした。

 しかしそれにしても読売が負けたことで隠れマジックはまた1つ減った。これもマジックの持つ不思議さ。ってことで、2位とのゲーム差とかは残り試合数を考えれば縮まることはあってもそうそう簡単にひっくり返らないものなので、優先すべきはチーム状態を変えることだ。
 で、それが簡単に出来れば苦労しないのだが、今日の狩野選手の姿には少しだけ変えることが出来る要素があったのかもしれない。

 少なくとも今までの狩野選手は打たれ出したら止まらない捕手だった。打たれるまでは良いのだが、打たれだすと投手以上に自分が追い詰められるリードになってしまう。そんな捕手だった。

 今日もそれは完全に払拭されたわけではない。直久投手への配球だってもっと違う配給で救うことも出来たと思う。特に吉見投手のような打撃の良い投手への配球は考えものだったと思う。

 5失点は褒められたものではないが、それでも今日は必死になって失点を止めようとして、少しでも打撃で貢献しようとして食い込んでくるボールに逆らわずに打ち返していた。

 実は吉見投手に限らず左投手の好投については右打者は引っ張らずにボールが入ってきた方向に打ち返すってことですか?そういうことなんだろうなぁ。

 でもそれが出来ないほどタイガースの状態は悪い。いや、きっと個々の選手の調子はあんまり変わらないんじゃないかな?そりゃぁゲーム差が縮まってきているけど、3連敗したって1ゲームしか縮まっていないし、隠れマジックは減っているし、ってことで悲観する前にこれからの浮上策を考えたほうが良いんだよね。

 その点では今日存在感を示せば浮上できた直久投手は非常に残念。捕手を代えて変わらなきゃまたファームなんだろうけど、俺がテレビ観戦していて思ったことは、本人はストレートを磨いて来たという談話だったけど実際にはストレートが早い段階で浮き始めていたこと。これが今日の課題かなぁ?課題って言うかそういうレベルじゃないよね。

 次は火曜日から現在3カード連続勝ち越し中の絶好調広島東洋カープ。ここにきて読売の足を止めてくれている絶好調チーム。これでルイスが帰ってきたら手に負えないけどそんなことを言っている場合ではない。とにかく1戦必勝で。集中、集中、目の前の1つ1つのプレーに集中していこう。勝てないはずは無い!!
| タテジマに想いを | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/194689