03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 今度こそ | main | 走る〜走る〜 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

入れ替えていこう
 気持ちを入れ替えれば勝てる。そう思った試合だった。

 試合を観ていてずっと思ったのは、みんなが「何かをしよう。」と思いすぎているんじゃないかということだ。

 東京ヤクルトは、開幕当初に主砲として予定していたリグスもガイエルもいない打線。上手く機能してはいるが、俊足選手を揃えて機動力で勝つというのは苦肉の策でありながら現在の最上の策となっているチーム。タイガース戦には強いけど、他球団には分が悪いところがあるから現在はBクラスのチームとなっている。

 その対戦相手に対し、何とかタイガースも何かをしようなどと考えてはいなかっただろうか?そんな感じを特に攻撃時に考えていた。

 ま、クリンアップが打てなきゃ勝てないわな。そういってしまえばそれでおしまい。もちろん2戦連続で2イニングで降板した上園投手には考えるところがあるだろう。

 前回は後続が踏ん張ってモノにしたが、そもそも先発が2イニングで降板した時点で普通の試合ではないのである。それを1点差で踏ん張った試合でもあった。

 話を戻すと、現在のタイガースはボクシングで言ったらミドル級かライトヘビー級の選手。対する東京ヤクルトはフェザー級って感じ。どっちが優劣じゃなくてタイプの違いだから誤解しないでね。

 それをなんていうか、バンダム級の土俵に立って「俺だってスピードあるんだよ。」と対抗しようとしている感じだ。

 そうじゃない。やはりこちらが同じ土俵に立ってしまうから苦手意識も出てきてしまう。そうではなくて、こちらはこちらの首位の重さでドッシリ構えていればいいのである。

 構えるといっても余裕ぶっこいていろと言っているのではない。そうではなくて、他球団相手に出来ている、しっかり出塁してしっかり送って、しっかり進塁打を打つという作業の繰り返しをすればよいのだ。

 そりゃぁ毎回は成功しない。でも執拗に繰り返せば点にはなるものだ。

 4番のアニキも苦労している。5番で結果を出した関本選手、もう1度進塁打を執拗に打っていたことを思い出そう。少し遠くに飛ばそうという意識が強かったんじゃないかな?そうじゃなくて、関本選手の本領発揮はライナー性の当たりだよね?明日は外野の間を破るライナーを飛ばそうよ。

 平野選手も思い切りがいいのは良いんだけど、2回裏に打たれた3塁打はクッション処理で2塁打止まりにできたよね。全力プレーと無茶は違うよ。心は熱く、頭は冷静に行こう。

 浅井選手。今日はよく初球を我慢してヒットを打ったね。ナイスタイムリー。ライナーで飛び出したのはエンドランのサインでも出ていたかな?明日は出番が来たら取り返そう。

 最後にバルディー。エラーがきっかけで失点につながったけど、今までバルディーの守備で何度も助けられたんだからこれで萎縮しちゃいけない。これは試練だから、明日も気持ちを下げずに前に進んでいこう。打率も上がってきたね。

 明日はオールスター前の最後の試合。前半戦の有終の美を飾って気持ちよくオールスターへ、そしてオリンピックへ選手を送り出そうよ。
| タテジマに想いを | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/192631