10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 野球は9人で | main | 本日 デーゲーム >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

これしかないという中で
 投手ががんばって最少リードで勝つ。これは今のタイガースができる精一杯の勝ち方なのかもしれない。

 先発の下さんが懸命に投げて試合を作った。試合を作ったなどという生易しいものではない。試合の主導権をしっかり握って離さなかったのだ。

 先制点はドラゴンズに入った。このところ捕球後の送球ミスが目立つ鳥谷選手であるが、今日の試合でもやってしまっていた。

 この相手のミスから得点にしっかりつなげるのはドラゴンズ野球。ここまでだったら今日の試合も下さんを見殺しであった。

 しかしここで当たりが止まっているアニキが燃えてくれた。川上投手からホームランである。

 好調に三振を奪っている中にあってひと振りで試合を振り出しに戻す。これはアニキの凄さであると同時に、自身の好調さから油断があったわけではないだろうが、一瞬のエアポケットのようなものに川上投手が入り込んでしまったのかもしれない。そして我に返った後は後の祭りということか。

 失点直後の得点のタイガースと先制直後に同点に追いつかれているドラゴンズ。ものの書きようであるが、タイガースにとってはプラス1でもドラゴンズにとってはマイナス5くらいのダメージだっただろう。

 7回のチャンスを併殺で潰して、9回のチャンスで再び矢野さん。7回のように追い上げムードでは併殺を打っても、9回のようにここを逃したら次はわからん!という場面でタイムリーを打つのがこのところの矢野さん。今日もそのとおりにタイムリーを打ってヒーローインタビューを手に入れた。これって強運なのか?もう勝てばなんでもいいや。

 9回に逆転して、なおもランナーを背負う岩瀬を助けてしまったのは藤本選手だった。

 おそらく追い込まれる前に・・・・・という意識で打席に入ったのであろうが、8回の三振といい9回の併殺といい、どうも手を出しちゃいけないボールに手を出して、手を出してほしいボールを見送ってしまっている感じがする。

 せっかくアップアップの岩瀬だったので、初球に手を出さずにしっかり見ていってほしかったね。

 何気に隠れているかもしれないが、関本選手の殊勲に触れたい。

 最終回の守備ではファーストに入っていたように、起用なところを見せ、9回には岩瀬から大ファールを打ち配球から外角を消した。実際にはこのヒットが岩瀬を追い込んだと思っている。

 もちろん9回の先頭打者として出塁した鳥谷選手も、代打でヒットを打った光信選手も殊勲であるのだが、関本選手の打順や守備位置に関係なくチームの隙間をキッチリ埋める働きは過小評価されてはいないだろうか?

 関本選手が色々なポジションを使えるからこそ、怪我人が続出しても勝負に持ち込めるオーダーで戦うことができるのだ。

 いぶし銀というにはまだ若い選手である。しかし時として何色よりも輝く銀色がタイガースには存在するのである。
| タテジマに想いを | 22:43 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/191487
エース対エース
 7月18日、阪神vs.中日戦。  阪神・下柳、中日・川上の両先発が好投、スコアボードに次々と0が 並んでいく展開に。  先に点を取ったのは中日。六回、森野がバットを折られながら、しぶとく センター前タイムリーを放った。しかも一死一、二塁で打席にはウッズ。
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/07/18 10:46 PM |