12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 立場が変わらず踏ん張る強さ | main | ま、切り替えようか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

林選手の怪我が早く治りますように
 やっと5番が固定できたと思ったら怪我をしてしまった。林選手の早くの復帰を願わずにはいられない。

 怪我がちっていうかそういう言葉が当てはまってしまうのなら凄く残念なことだが、林選手は何故か怪我が多い。

 入団時はその怪我も承知の上での獲得だった。それほどの素質を持った凄い選手である。治ったと思ったら昨年は肩を怪我して今年は膝。なんとももったいない話である。

 しかし他の選手にとってチャンスであることには変わりない。不謹慎かもしれないが、林選手の登録抹消で空いてしまったポジションを奪いに来る選手がいないということは、それはそれで寂しいのだ。

 1番手は葛城選手であろう。ライトというポジション経験もあれば、5番という経験もある。代打の方が集中力を保てる感がしないでもないが、それでも立派な候補だろう。

 2番手に来そうだったフォード選手は鳴尾浜。早い話が登録抹消中。こういったタイミングの悪さも。。。。。あるんだろうなぁ。

 では葛城選手で決まりか?といえばそうでもなかろう。ファームで昇格が近い選手に目を向けてみる。

 ファームから昇格させる1番手は俺は庄田選手だと思う。このところファーム中継が何回かあるのだが、庄田選手はコンスタントに活躍している感じがする。

 2番手は広大選手。広大選手の場合は周囲からの期待も高いためどうしても成績を辛口で見がち。それを差っ引いても登録する考えはアリだと思う。

 3番手。これは藤原選手でも面白い。彼は非常に幅広く使える。

 でも俺はこの3人は無いと思っている。理由を簡単に書く。

 1つ目は外野で打力がある選手ということならば浅井選手が既に1軍にいる。だから外野手の補充は不要であるかもしれないのだ。

 2つ目は捕手層である。浅井選手がいるので試合途中に矢野さんと野口さんの併用が出来るのだが、浅井選手を外野固定とすると捕手が不足する。

 そういったわけで、候補としてはファームで3番を打つ狩野選手、ファームでは存在の違いを見せている坂選手、この辺が候補であると考える。

 狩野選手は昨年の活躍もあって当然だろう。坂選手の場合は平野選手が外野が出来るという点もある。そして代走として、そして左打ちの内野手としてサードもできるという価値で起用が考えられるからだ。

 いずれにしても出番はかなり限られると思うのだが、期待をかけて損は無い。

 林選手、早く治ってくれないかなぁ。と思いながらも予想外の選手の活躍を願っている。

| タテジマに想いを | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/190435