09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 勝っちゃったよ、おぃ! | main | ここでの生き残りをかけろ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ここは敢えて構えた野球でも
 ドラゴンズ相手に3連勝で横浜に来た。この試合は下さんが先発ということで落ち着いた試合になると思っていた。ところが8回までは2桁安打の割には得点が少なく、終盤に反撃にあったりして苦しい場面もあった。

 別にそういうわけではないのだろうが、ここ数試合で見受けられた“さらに点を取りたい場面で無失点”という場面が出てしまって苦しくしてしまったようだ。

 個々の選手は打撃も好調だと思う。しかし個々の選手の数字だけで勝てないことは今日の対戦相手の横浜が教えてくれている。

 今日の試合の印象は、競馬で言ったら“かかり気味”の状態で、なんか打つ前から得点した後のことを考えてしまっているかのような印象を受けた。そうではなくて、しっかりと構えて戦っても良いような気がしている。

 横浜は現在最下位で非常に苦しいシーズンを送っている。そういった相手にとって、自分たちよりも優位なチームに何をやられたら一番戦い辛いかといえば、これは落ち着いて試合をされてしまうことではないかと思う。

 要は相手が少しでも浮き足立ってくれれば隙もできるのだが、そうではなくて自然体でドッシリ構えられたら打つ手も無くなると思うのだ。

 対するベイスターズは真田と石井が好投した。好投したのだが、この内容が毎試合続くかどうか。この2人の使い方は横浜の今期の戦いを変えるかもしれない。

 話は前後するが、自然体と言う意味では下さんは全くの自然体だった。これがあったから今日の試合はタイガースがペースをつかんだかどうかは別としても横浜にペースを握らせなかった。

 渡辺投手はどうも連投になると少々崩れるのだろうか?真夏は少なくとも1人はリリーフが抜けるので、ここのところの調整に万全を期したいところだ。

 最終回の攻撃はそれまでの攻撃的な姿勢を緩めなかった賜物であるかもしれない。落ち着いて攻めていればもっと早く訪れていたかもしれないがそれは結果論というもの。試合自体はタイガースが少なくとも流れは離さずに戦っていた。そしてそれを先に手放したのは8回裏のベイスターズの攻撃と、9回表のタイガースの攻撃の違いであろう。一度流れをつかみきったらここまでの攻撃で畳み掛けるのが現在のタイガースであり現在の首位の力である。この調子で明日も明後日も戦って貯金を増やしていこう。
| タテジマに想いを | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/189826
ベテラン祭りや、四連勝や!
 昨日までの対中日三連戦、3タテするとはさすがに予想外だった。ちょっと アレな内容のゲームもあったが、これだけ結果が出てくると、むしろ怖い気 さえしてくる。とはいえ、勝っといて損はないしな。  7月4日、阪神vs.横浜戦。  一回、二回と塁上に二人のランナ
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/07/04 11:03 PM |