03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 明日から交流戦明けの試合の記事を書いてみるにあたり | main | 第49回 宝塚記念を予想する >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

打球が薄暮に弧を描く 美しき秋田の空
 解説の金村さんが色々おっしゃっているが、果たして本当にそうなんだろうか?というのが結構あって、それがなぜか面白くて笑いながら聞いていた。

 ヤクルトのウィルソンにいたっては「この選手は“ユニフォーム汚し癖”がありますね。」と言っていたが、そんな癖、初めて聞いたぞ!!と思った。あるのか?本当に?!

 立ち上がりの下さんは良い当たりが正面をつくことでアウトにするというツキもあり無難に抑える。そして大きかったのはピンチの場面で福地をけん制で刺した場面。これ、大きかったよね。

 1,3塁にランナーがいる。悪くたって1点を取りたい場面。しかも1塁は俊足の福地。そうなると走る確率は本当に高くなる。もしも2塁へ盗塁を試みても3塁ランナーがホームを狙うかもしれないからセカンドへは送球しても投手が3塁ランナーを警戒して途中で捕球するかもしれない。そうならなくても福地の脚ならセーフになる確率も高い。その可能性を考慮すれば最悪の場合2,3塁から始めることも考えられた場面であったのであのプレーは大きかったのだ。

 相手の石川も地元ということで勝ちたかっただろうけど、昼の試合で中日が負けているのでタイガースにとっては差を再び広げたいところ。それにこっちだって秋田出身の太陽投手がいるんだから、大量点を取って太陽投手が出番を得るような展開にしたいもの。なにもあっちだけが地元じゃないのである。現時点では実績に大きな差が出てしまっているが。

 数日間試合が無かっただけなのに待っているこっちが焦れてしまって大変だったのだが、選手にはそれほどのブランクを感じなかった。むしろこの第二の開幕ともいえる試合を慎重にモノにしようという意思が感じられた。

 バルディリス選手のタイムリーは、こういうのを「気持ちで打った」当たりって言うんだろうな。と思えるヒットだった。

 ジャストミートではない。しかしその打球の殺し具合が2点目を呼び寄せたのではないか。

 鳥谷選手もエラーのあとでそれを帳消しにするホームランを打っている。薄暮の中でヤクルト応援席側に入ったのでわかり辛かったのだろうが、それでも彼の猛打賞の活躍は嬉しかった。

 序盤は特に好調だった鳥谷選手だがここ数試合は数字を落としていた。それが疲れであったかもしれないので、この数日間の休養が復調につながってくれれば言うこと無い。

 最終回には前半で下さんがけん制で刺した場面とは違うが同じくらい大きなプレーが出ている。それは関本選手のヒットなんだけど、あの場面はエンドランかなぁ?ショートはセカンドベースのカバーに入ろうとして動いたんだよね。そこを狙って引っ張ってヒットにした場面。後続の打者がヒットで返しているんだけど、そのきっかけはあのヒットだった。そしてシングルヒットで積極的に1塁ランナーが3塁まで進んでいることで連続したダメージを相手に与えることが出来ている。本当に良い野球をしていると思う。

 6点差で迎えた最終回、ついに太陽投手が地元凱旋!!・・・・・というわけにはいかず、再開初戦を全力で確実にモノにしにいったということだろう。好調維持の太陽投手も見てみたかったけど、明日を楽しみにしようよ。
| タテジマに想いを | 21:36 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/189118
猛打!快勝リスタート
 6月28日、阪神vs.ヤクルト戦。  交流戦が終わって、タイガースとしては今日がリスタートとなる大事な試合。 先制したのは阪神だった。  二回、先頭の金本がレフト前ヒット、林三振の後、鳥谷がライトへ、矢野が レフトへ弾き返し、一死満塁。ここで打席には久し
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/06/28 9:55 PM |