03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< こうなりゃ意地だよね【3日間観戦記】 | main | 平尾が元気だった >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

チャンス拡大
 桧山選手が代打で結果を出すのが驚きでもなく普通に感じるくらいの凄さを感じている。これはもう本当に凄い。凄すぎて凄さがわかんないという訳の分からん日々である。

 平野選手の欠場時にはどうなるんだろう?と思っていた2番は関本選手がその存在を輝かせている。

 今日はバルディリス選手と赤星選手が出塁して向かえた場面でしっかりと送りバントを決めていた。

 関本選手ほどの選手であれば、高校時代やプロ入り当初は長打力を売りにしていたはずである。しかし猛練習を積んだのだろう。その練習の成果は右打ちとバントの正確さで生き残る術を見つけていた。

 そりゃぁ今でも長打が見たい。出来れば2ベースヒットを量産する選手になってほしいものだが、仮にそうなったとしても2ベースをそうそう毎試合打てるものでもないので、出来ることをキッチリ決めている今のスタイルは当然のように肯定されるものだ。

 その正確なバントで広げたチャンスをモノにして今日も追加点を奪っている。

 つなぐって言うのにはいろいろあって、ヒットもあれば四死球を選んでつなぐ方法もある。その中にあって送りバントはアウトカウントは1つ増やすのであるが、それ以上というかその後のチャンスを拡大するという点では立派な戦術であり、立派なつなぎである。送りバントの失敗からチャンスをつぶし、試合もモノにできないといった場面は何度も見てきた。

 このチャンスを広げるというのは9回表にも見られた。葛城選手のヒットを矢野さんが送って桧山選手が返した場面だ。

 葛城選手のヒットも見事なのだが、矢野さんの送りも良かった。矢野さんと関本選手といえばタイガースの“釣り部”である。釣りがバントと関係あるかどうかなんて知りもしないが、チーム内ではこの2人がバント上手。8回にしても桧山選手の滞空時間の長い当たりでは送ってなけりゃ葛城選手は「捕られるかも・・・」という心配の中での走塁となるため帰塁を心配しながらの走塁だったかも。そういう点では、やはりあの送りバントは大きかったのだ。

 失敗すれば目立つバント。成功してもタイムリーよりは目立たない。でも試合後に振り返ったときに「あのときのバント」が実は大きかったことに気づく。そしてそのプレーが好守に冴えを見せる呼び水となるのだ。

 走塁では全力疾走。でも小技もキッチリこなす。その繰り返しの成果が2位までアッというにゲーム差拡大という結果になった。

 まだまだ油断が出来ない。だから出来る基本を精一杯やって、1つでも多くの貯金をしていこう!!
| タテジマに想いを | 22:31 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/187250
6連勝だ、40勝だ!走る猛虎の快進撃
 6月12日、阪神vs.西武戦。  五連勝中の阪神が初回から、その勢いを見せつけた。まず一死から 関本がフォアボールを選んで出塁すると、新井がライト前ヒットを放ち、 一、二塁になる。期待の金本はレフトフライに倒れるが、五番DHでスタメン 出場の高橋光が左越え
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/06/11 11:07 PM |