06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 凱旋登板 | main | BCリーグを始めとする野球に接してみたらという仮定の話 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

この時、ここで、この一打
 ズドーン!!っていうか、ドカーン!!っていうか、そういう一打だった。
 その瞬間、俺の口から「ウワァーーーーー!!!」という叫び声。口の中のメシが出るかと思った。一緒に食べていた嫁さんからは「ちょっと、うるさかった・・・」と言われたが、それほど打った瞬間に衝撃が走った一打だった。

 ライトスタンドの前の方に飛び込んだ当たりだったが、そうとは思えないほどの打球だったと思う。

 この一打は3点入ったというだけでなく、楽天先発の永井が放心状態になるほどの相手の心をへし折った一打だった。欲を言えばここで畳み掛けたかったんだけどね。

 他にも感じたことは、先制後にもう1点取りたかったとか色々あるんだけど、それよりもとにかく金本選手のあの一打。あれほどの効果的な一打を久しぶりに見た気がした。それに凄く感激した。

 2点リードではワンチャンスでひっくり返ってしまう。だから追加点がほしかった。そして出来れば掴み所が無い永井に決定打を与えたかった。その要求に全て応えてみせたのがあの一打だった。タイミング的にも結果的にもパーフェクトだったと思う。

 先発の上園投手は調子自体は良くなかったんだと思う。でもこの投手の特徴である気持ち。これが継続できていたのではないか。

 気持ちって何?って正直疑問に思うのだが、テレビ画面から伺えるのは表情が変わらないこと。今日もホームランを打たれたのだが、味方が得点した直後のイニングでの失点は誉められたものではないと分かっていただろうけど、それを表に出さずに投げ続けて後続を断つ。これをきっと気持ちの強さって言うんだと思う。

 上園投手の内容もあったんだろうけど、6回から継投をしたのは今季未勝利の上園投手に早く1勝を付けてあげたいという岡田監督の親心だろう。上園投手にとっても昨年とは違う状況の中で初勝利がまだだったことは自身への不安要素の1つであったはず。それをクリアしたからこそ、次の投球に期待が持てる。悪ければ悪いなりの試合を作れる投手である。こんな好投手がよくタイガースに来たものだ!!!(あれれ??)

 昨日と違って今日はタイガースの野球。金本選手の活躍もあったが、桧山選手も藤本選手も起用に応えた。福原投手の骨折、平野選手の負傷、安藤投手の疲労?など、不安要素もあるのだが、代わりの選手がキッチリやる。これは強いチームだぞ!!

 さぁ、金曜日からは聖地へ帰ってくるタイガース。俺も駆けつけてライトスタンドから大声で応援しようと思う。アウェイの多かった交流戦前半を少しながらも勝ち越して帰ってきたのだ。これからがタイガースの本領発揮である。

 勝つぞ!勝つぞ!勝とうぜ!阪神タイガース!!この週末だけは思い切り内弁慶になって戦おう!チーム防御率2点台維持&2位まで6ゲーム差バンザ〜イ!!もう杉内でもなんでも打っちゃおうぜ!!
| タテジマに想いを | 21:44 | comments(0) | trackbacks(2) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/186415
杜の都でリベンジ達成
 6月4日、阪神vs.東北楽天戦。  昨日は散々にやられて、野村監督にも言いたい放題言われてしまった。 今日は負けるわけにはいかない。  先手を取ったのは阪神。二回、先頭のDH桧山がセンター前ヒット、続く 鳥谷がフォアボールで無死一、二塁。ルーの投ゴロで楽
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/06/04 10:34 PM |
杜の都で分かれた明暗。--対楽天二連戦
また二日まとめての記事で失礼。 しかし、タイトルにも書いたとおり、明暗分かれた二連戦でしたなあ。 # 個人的には、沖原の元気な姿が見られなかったのが寂しい...
| Excessive Words | 2008/06/05 3:00 AM |