07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 岩田 IWATA いわたぁぁぁぁぁぁ!! | main | こっちだって理屈じゃない感情がある 【今岡誠 応援宣言】 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ストレートや!(推定)
 矢野さんへの危険球みたいなボールのあの打席、矢野さんが塁に出たのはフォークが引っかかって大きく手前でバウンドした球だった。

 その直後、岡田監督はネクストにいる関本選手に近付いて何かを囁いた。俺の勝手な推測だけど「ストレートや。」って言ったんじゃないかと思っている。こういうときの岡田監督の囁きは驚異的な結果をもたらす。そして直後に関本選手のビッグプレー、初球でバントを成功させている。

 全てが最終回のドラマに向かって進んでいたかのようなこの試合の大きなポイントであった。

 杉山投手はランナーを背負いすぎた感があるが7回を3失点。今年の投手陣はビハインドの試合でもなんとか6回や7回を投げることが多く、これが試合に粘りという感覚をもたらしている。その杉山投手の後を投げたのは能見投手。昨日のように奪三振ショーとは行かなかったが、今日は三振と同等の圧巻の3者とも詰まらせて打ち取るという素晴らしい内容であった。一昨日も書いたのだがファームコーチの星野伸之さんの現役時代を彷彿とさせるようなフォームからは球速以上に速く見えるボールが行っているんだろう。しっかりとした内容で反撃を待った。

 ここで出てくるのは今日も赤星選手。とにかく今日は全打席で出塁した。その脚で相手のエラーを誘い、3塁へ。ここで誠の救世主が登場!!やはりこの人が打つと幸せになる“幸せタイムリー”でついに1点差になるのである。ここでル〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜選手がゲッツーとは予想以上!!・・・・・だったがね。ちなみに今岡選手がヒットを打って1塁に達していたときにベンチでは鳥谷選手がベンチを叩いて大喜びでした。

 9回表の小劇場を挟んで迎えた裏。マウンドはクルーン。さて、このクルーンが余裕の顔をしているタツノリ監督の表情をそのままにするのか、それとも土気色にするのか!!

 先頭の鳥谷選手が出塁。これが凄いんだ!あのスピードにしっかり当てることが出来るんだから。鳥谷選手の凄さが今年は特に見えているよね。

 矢野さんの顔面付近への投球でリズムを崩したかに見えるクルーン。そこで冒頭の場面を経て必殺の桧山さんだったんだけど少し勿体無くて、これで逆にこっちが追い込まれたはずなんだけど少しもそんな風には見えなかった。それは打席が赤星選手だったから。

 その赤星選手の打球は高く弾んでショートのところへ。もしもショートが坂本よりも肩が強い選手だったら。もしも小笠原が腕を伸ばしてキャッチしていたら。そんな2つももしもが讀賣側に転んでいたら試合はここで終わっていた。しかしその2つのもしもを讀賣は持っていなかったため試合はここで“同点というタイガースの勝利の方程式”を作り出したのだ。

 同点。いらつくクルーンから藤本選手がこれも値千金のフルカウントからのフォアボールを選ぶ。こうなると新井選手で決めるしかない。ネクストの金本選手はヘルメットをかぶっていない。それはそうだ、新井選手が出れば試合は勝ち。アウトになれば延長戦ということで金本選手は9回裏に打席に立つことが無くなっているのだ。

 そのネクストの金本選手は柔和な表情を浮かべている。ベンチでは岡田監督も笑っている。それは勝利を信じて疑わない一丸となったベンチの様子だった。

 新井選手はクルーンのボールが見えていたんだと思う。冷静さを失ったクルーンであったが投じる球はやはり厳しかった。そして最後はサヨナラ押し出し。讀賣側は抗議していたが、テレビで観れば明らかに外にはずれたボールであった。

 1点差であってもクルーンだったら何とかできると思っていた讀賣。それは抑えの切り札を出せば当然だろう。しかし現実は違っていた。タツノリ監督の表情を変えただ〜い!どん・でん・返し!!クルーン潰し!!・・・・・(決してどん様がひっくり返したとかそういう意味ではなく・・・)

 強さとは勝つことだけではなく、負けないことでもあり、そして粘って粘って相手にプレッシャーをかけることでもある。それを赤星選手と鳥谷選手が見せてくれた。そういやぁ昨年も讀賣戦で狩野選手がサヨナラを決めたように、シーズン序盤の甲子園の讀賣戦では何かが起こるなぁ。

 タイガースの強さを肌で感じた讀賣の選手も多かっただろう。負けたら持って帰る甲子園の土、少しだけなら持って帰ったっていいぜ〜!!

 これで再びカード勝ち越し。1つ1つの貯金を増やしてどこまでも行こう!!そういった勢いをつけるには最高の日曜の夜だった。
| タテジマに想いを | 22:31 | comments(0) | trackbacks(3) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/182119
逆転サヨナラ勝利
1対0で帰ってきたのに、おすぎ、フォア、フォア、ラミレスのタイムリーで逆転されました。 はっきり言って点の取られ方が良くありません。 が、もっと悪いのは打撃陣、赤星と関本以外仕事していません。 7回までで3安打ではいけません。 今、ノーミンが投げてま
| CherryBomb In Ninja | 2008/04/27 10:58 PM |
恐怖!機動アカホシ
 4月27日、阪神vs.読売戦。  タイガースの先発は杉山、ジャイアンツは中4日で内海。なんとしても勝ち 越して、早く5割到達を目指したいという思惑だろうけれど、さすがにこの時期 からこんなピッチャーの使い方をしなくてはならないというのはキツいなぁ、と 感じ
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/04/27 11:14 PM |
赤星、最速の内野安打!クルーン相手に逆転サヨナラ!
阪神○4x−3●巨人(甲子園) 勝利打点:新井? サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発は杉山(中6日)、巨人・内海。3回、先頭・関本が左中間フェンス直撃の2塁打。杉山が3バント失敗ながら、四球2
| トラファンニッキ。 | 2008/04/27 11:41 PM |