03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< なんか違ったぞ | main | ストレートや!(推定) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

岩田 IWATA いわたぁぁぁぁぁぁ!!
 3年目とはいえドラフトトップで入団した選手。その活躍は3年目でも決して早いものではない。しかし今のタイガース投手陣にとってどれほどの明るい話題であるか、それは計り知れない。
 下さんは実績十分で今年も活躍を期待されている。安藤投手は活躍した実績があるため復活すれば・・・という計算はできていた。開幕前は金村暁投手が新戦力とされていたが、現時点ではファームで調整している(といっても先発が好調なので仕方ないけど)。

 他にはアッチソン投手が新戦力だが、ここは1つ日本人投手で何年も活躍してくれそうな投手の出現を待っていた。

 開幕して2戦目までは非常に良い投球だった。しかし次の2戦はつかまってしまっていた。ここでどうする?プロは研究してくるぞ!という中で迎えたこの試合。もしも簡単につかまってしまうようだったら居場所が曖昧になってしまうと考えることもできた。だからこの試合の好投は非常に大きいものだったと思うのだ。

 立ち上がりはエラーとかもあって失点した。ここで踏ん張れるか?と思ったらなんとか踏ん張って、上原のゲッツーもナイスフィールディングで奪って立ち直り始める。

 5番葛城選手を始めとするリズムの良い打撃などで早めに逆転できたのも大きかった。葛城選手のバッティングが取り上げられる昨日の試合だが、やはり個人的には4月のMVPと思っている赤星選手の活躍を大きく評価したい気持ちでいっぱいで、そういったファンの方も多いと思う。

 昨年は上園投手と組んでいた野口さんも岩田投手とは好相性のようで、攻撃中に時々映るベンチ内では試合を見ないで岩田投手のほうを向いてアドバイスを送る野口さんと、それに聞き入る岩田投手の姿が映し出された。自分で考えさせて気付かせるタイプの矢野さんに対し、野口さんは1つ1つを丁寧に根気よく教えるタイプ。これがきっと若い投手の不安を取り除いて好投に導いているのだろう。そういう点でも野口さんは若い投手のリードに向いているのだろう。

 1つ1つの積み重ねが好投を生んだ。それは打撃陣による得点であったり、赤星選手や平野選手による走塁だったり、岩田投手のコントロールよく決まっていた変化球だったり。こういった1つ1つの積み重ねが試合をタイガース側に持ってきた。

 今日で岩田投手は勝ち星を1つ重ねた。そしてそれは大きな重い1勝となりえるものである。完投したということを自信にして、また次の完投を目指してほしい。

 昨年3試合しかなかったチーム完投数に今年は早くも並んだ。福原投手、下さん、そして今宵の岩田投手。しんぼうする監督とそれに応える選手たち。色々と賛否両論ある岡田采配だが俺はこの采配が好きだ。選手を信じて能力を信じる。信じられていると思いながらプレーするのと疑心暗鬼のままプレーするのでは実力の出しようも違いのだろう。それが5年目にして結実するか?!岡田野球とは信頼の野球である。だから俺も信頼をもって阪神タイガースを応援しようと思うのだ。
| タテジマに想いを | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/182051