07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 続・年度末ではございますが | main | 来ました!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

平野選手ダイビング解禁ということについて
 それは止めといてくれって思うんだけど。

 1塁ベースは駆け抜けた方が速いということは以前から言われている。でも平野選手は滑り込んだ方が速いとか言っている。

 それが本当かどうか知らないが、ベースへのヘッドスライディングは非常に危険だ。だってプロ野球のベースって、広島のブラウン監督が投げた時にもわかったように地面にはめ込んでいる。なので基本的にスライディングくらいでは動かない。そうなると胸部打撲や腕の怪我などが心配なのだ。それは世界の盗塁王の福本さんがテレビ解説などで何度もおっしゃっていることだ。

 昨日スカパーで見た熱血!タイガース党でもゆあぴ〜や$10が盛んに言っていたが怪我が本当に心配だ。

 セカンドの控えはタイガースに沢山いる。左打ちでは藤本選手や坂選手もいるし、右打ちだったら関本選手もいる。せっかくの出番が怪我で失われちゃ勿体ない。

 平野選手が移籍してきたときは、いくらセカンドといったってそう簡単にレギュラーになれるものなのだろうか?と疑問に思っていた。

 しかし彼の脚は捨てがたい。職場のオリックスファンに聞いたら、走り打ちは以前からということであり自分の武器を最大限に活かすことを考えた末に身に付けたものなんだと思う。

 平野選手の起用を意外に思う人もいるだろうし、もしかしたら濱中選手とのトレードで来た選手ということで濱中選手と比較される方も多いと思う。しかし平野選手は自由枠で獲得されたほどの選手である。移籍先でいきなりレギュラーを奪うのは別に不思議な話ではないだろう。

 その平野選手が全力プレーを誓っている。慣れてくればもっと動きは良くなるだろう。だからその動きが良くなるであろう時期に怪我などをしてしまってはもったいないのだ。

 オープン戦では終盤の守備固めとしてセカンドからライトに入った時があった。しかしル〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・フォード選手に守備固めが不要であるとの見方が強まった現在、セカンドが定位置となるだろう。

 チーム内競争は確かにあった。でも出遅れた平野選手がセカンドを開幕時は居場所にすることが決まりかけている。

 全力プレー=ヘッドスライディングなのか?その疑問はシーズン中に出るだろう。1つの判断は無傷だったら本来は違うかもしれないけど平野選手にとっては「=」でもいい。だからシーズン後に「=」であるとの答えを出したいのだ。

| タテジマに想いを | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/178186