06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< しかしすごいよね | main | 話題提供 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ユーティリティー
 明日は練習試合が予定されている。注目は北海道日ハムのルーキー、中田選手がどれだけやってくれるのか!と言われている。そりゃ投げるほうも気を使うだろう。

 打者は3割打てればよく打った方とされる。その前提があるだけに、7割は抑えられると思われてしまう。だから抑える確率のほうが高い。それをどう取るかなんだけどね。

 そんななかで俺が注目するのは坂選手だ。セカンド、サードに加え、明日はショートでのスタメンが予定されている。

 ショートは鳥谷選手が守っている。しかしその控えとなると薄くなるのが事実だ。候補者には一長一短がある。

 昨年は秀太選手が守ったことがあったが、なにせ打て無さすぎた。守備でも良くないところを出してしまったので控えとしては辛いものがある。

 他に思い浮かぶのは、ショートの経験がある藤本選手。今でも藤本選手のショート起用を推す声もあるようだが、実際に球場で観た感想を言わせて貰えばショートとしては肩の強さが物足りないというのが正直な感想だ。

 守備面では大和選手に軍配を上げたい。色々なところで大和選手は守備なら直ぐに1軍で通用するといわれる。ファーム中継を見た限りではそれは嘘ではなく、肩の強さも捕球から送球へ至るまでの速さも、もしかしたら鳥谷選手以上かもしれない。あとは打撃面ということになるだろう。これは慣れなんだけどね。

 そして坂選手である。打撃面は昨年少し打てたように柔らかなバッティングをする。打率は2割に満たなかったけど使っていけば今年あたりは2割5分は行けると思う。守備面は昨年の場合は慣れないサードの守備だった。本職はセカンドかショートのはず。だから明日の練習試合では比較的守備面では心配なく行けるのではないかと思う。

 タイプ的にどのようなタイプになるかはわからないけど、現時点では広島の東出選手を目安にすればいいのかもしれない。

 柔らかい打撃がどこまで行けるか?広角打法といわれると左右に打ち分けることを指すのだが、前後にも打ち分けられる広角打法が出来ればこれは凄く面白いし、シーズン中は争うことになるであろうセカンド争いにも一石を投じるし、そうなると同じ左打者である藤本選手にも刺激を与えるし・・・・・と希望を持って明日は坂選手に注目だ。

| タテジマに想いを | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/173841