09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 全く昨日のお話で | main | しかしすごいよね >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

燃える〜闘魂〜♪
 今日発売の週刊ベースボール。年に1度の選手名鑑号だ。週ベは毎週買っているのだが、選手名鑑号が発売されると本当に春が来た感じがする。

 そして今週号では今岡選手のインタビューが載っている。今朝早速、通勤電車の中で読んだ。読み切った。

 今岡選手のファンとして、この2年間は辛かった。でもインタビューの中で「それでも応援してくれるファンがいる。」って感じの言葉が載っていたことで凄く救われた気がする。

 今年はサードで新井選手と競争する。比較するなと言ってもそれは無理な話。タイプが違うのは承知の上で、それでも比較されてしまう。

 今岡選手の存在というのは大きなものである。本来は5番打者って感じではないかもしれない。3番が適任のような気もするし、でもやっぱり5番かなぁ?という気がしないでもない。個人的には1番今岡が好きなんだけどね。

 昨日の夜は特守で若い野原選手と並んで汗を流す姿が放送されていた。泥だらけになったらしい。開き直り、なりふり構わず、色々な表現がされるこの春。新井選手の出来と今岡選手の出来次第ではベンチスタートだってあり得る。

 それでも今岡選手は「FAとしてチームが頭を下げて来てもらった新井選手と比較するのは新井選手に失礼だ。」とまで言い切る。今岡選手だってFA資格を得た経験があって、それで行使せずにタイガース残留を決めているのだから比較される資格はあるというのにである。正直言って考えられない発言だと思った。

 でもこれは諦めたとかそういうことではないと思う。過去の栄光やしがみ付いていたかもしれないプライドを置いてきただけだと思う。

 勝手な想像だが今岡選手が今持っているプライドは過去の栄光ではなく、今の自分がこれからのタイガースに必要な選手であり出場して結果を残すことがチームの勝利のためであるという自負のようなものではないかと思う。

 闘志は表に出せば良いというものではない。でもそれを無くしちゃいけない。今年は自分で闘志を表に出し、そしてさらに強く闘志を燃やしている。

 燃える闘魂このひと振りに。

 今は使うことが出来ない歌詞であるが、歌うことはできなくても姿で表現することは出来る。その姿はきっと観ることが出来る。いや!見せてくれ!!そう強く願っている。

| タテジマに想いを | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/173669