09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< お話を聞いた日 | main | 2008年虎始め、今年はお前なんだ!【投手編】 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

岩田進化論?
 岩田投手が井川からツーシームを伝授されたようだ。伝授と言ってもそれをモノにできるかどうかは本人の練習であるのはもちろんなのだが。

 心配なのは1回や2回打たれただけで「通用しないんじゃないか?」と不安になって投げるのをやめてしまうこと。そうじゃなくて「岩田にはこういった球種もあるんだ。」と相手に思わせるだけでも有効なんだから是非とも諦めずに身につけてほしい。

 なんでもツーシームは5種類もあるとか。全部覚えろとは言わないし、一気に覚えられるものでもないだろうから確実に覚えて行くしかない。

 色々なところで記事を読むと、今年の岩田投手への期待の高さがうかがえる。色々なコーチが「岩田は良くなった。」と言っている。

 入団してから体調管理に細心の注意を払い、体に遠慮せずにプロのトレーニングが出来るようになったのは昨秋から?とか。良く書けば眠っていた才能を存分に目覚めさせることが出来るというもの。今迄は力をセーブしていたとも言える。

 しかしやはりそこはプロの世界。力を出し切らずに通用するものではない。それは希望や自由の枠で入ってきた選手といえども同様だろう。

 今年は少しマイナーチェンジをしたとも言われている。

 今までの岩田投手と言えばそれはもう真上から振り下ろすかのように腕を振っていた超オーバースロー。それを少し下げたらしい。それが功を奏している面もあるようだ。この辺は太陽投手と同じなのかな?いずれにしても左腕先発は下さんが確定くらいだろうからチャンスが目の前にぶら下がっている現在、しっかり投げてほしい。

 イメージではランナーは出すけど粘って打ち取るというのが昨年まで俺が持っていた感想。それが危なげなく抑えるというイメージに変わってくれたら大成功。大成功するだけの素質があると確信したからこその指名だったと思う。あとは証明すること。それが大事だし、入団時に語っていた糖尿病と戦う人の励みになれば・・・・・ということを実現するチャンスなのである。

 あとはそうだなぁ・・・・・大阪日刊のサイトに載っていた太陽投手の「調子は例年と一緒くらいですね。」というコメントに色々思うことがあった今日だった。
| タテジマに想いを | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/172085