09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 料理しないです | main | デーゲーム >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

意思統一の大切さ
 タイガースの野球ってなんだろう?という問いかけがある。

 大阪市内のホテルの決起集会?でそんな話題が出たようだ。大阪市内のホテルって・・・・・福島のホテル阪神じゃないの?他でやるのか?という疑問が最初に出たがそれは置いといて。
 東のムチャクチャな球団と比較されるタイガース。俺としてはタイガースの野球は“気持ちの野球”っていうか。それもサラッとした気持ちではなく“情念の野球”とでも言おうか、そういう感じの野球をイメージしている。それは何点差で負けていても絶対に取り返してやる!!運も球場もファンも味方につけて絶対に勝つ!!という野球をイメージしている。実際に2002年くらいからそう変わっている気がする。

 2008年はそれらを踏まえたうえでそれ以上を目指すということだろう。 

 普通に考えればタイガースは“最後にJFK”の野球である。といっても酷使する訳にも行かないし、先発陣が一層奮起している今年がリリーフ陣の2年連続の酷使であってはいけない。

 でもやはり“野球は投手”という言葉を地で行っているような球団であるので、タイガース野球は投手力の野球であると言ったほうがいいのだろう。

 投手力で勝ったわけではないが、2007年の9月7日の試合が典型的な讀賣とタイガースが目指す野球の違いだったように思える。

 あのドカンドカンとホームランを打って相手の戦意喪失を図る讀賣野球に対し、タイガースは慎重に執拗に相手に離されず最後に粘り勝つ。やっている方はしんどいかもしれないが、勝った方は1勝以上の価値を見出すことが出来る。そんな野球がタイガース野球の一面でもある。

 今さら言葉にしなくとも、“あの試合”がタイガースの野球と言えば分かる試合は何試合かあるものだ。自分たちが既に実践している野球。その中にきっとヒントも答えも出ているんだと思う。
| タテジマに想いを | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/171897