10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 希望があるんじゃないですか? | main | 3ブログ合同オフ会 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

これをチャンスだと思えよ〜!!
 下さんがFA宣言をした。左腕投手陣には「うわっ!左腕の柱が・・・」とピンチに陥るのではなく、「ワシの出番が来たなぁ!」くらいに思って欲しいものだし、思え!と言いたい。 

 勝負の世界である。プロの世界である。試合に出てナンボである。それを思えばチームにとってはピンチだけど自分にとってはチャンスだと思ってアピールしまくって欲しい。

 もちろん「宣言=移籍」ではないので下さんが宣言残留する可能性だって大いにあるし、おそらくそうなるだろうと思う方が多いと思う。俺もその1人なんだけどね。

 先日のトレードで中村泰投手が移籍した。これですでに1つ減った左腕枠が下さんの宣言によってもう1つ空く可能性が出来たわけだ。そうなると候補の投手が黙っていたらいけないだろう。

 下さんは2007年の開幕投手。下さんはローテの柱。下さんはチームの勝ち頭。もしもその選手が不在となったら・・・・・俺しかいない!!その気持ちを何人の選手が持つことが出来るだろう?いや、全員の選手が持って欲しい。そういう集団であって欲しい。

 以前テレビ番組で、福本さんだっただろうか?記憶が曖昧なのだが「他の選手の怪我は言ったら悪いけどチャンスや!って思わな!」とおっしゃっていた。今回のケースは怪我ではないし、他の選手の不幸などを望むことが発言の趣旨ではないことは充分承知している上で書いているのだが、こういったいつかは(引退なども含め)いなくなる事態に備えて腕を磨いている選手たちであって欲しい。

 チャンスは必ず巡ってくる。左腕枠の岩田、小嶋、筒井、江草、正田、能見といった左腕投手たち。太陽、玉置、若竹、金村大といった実績は不足しているが1軍が近い、または1軍にいるべき選手たちにとっては自分をアピールして出番を掴む大きな大きなチャンスである。むしろ下さんの移籍の可能性を聞いてワクワクするくらいの気持ちになり、それをプレーで見せてくれなきゃ困るくらいの選手たちである。

 さぁ、チームのピンチは自分のチャンスということを忘れずに。監督もおっしゃっているように、来季の先発は決まっていないのである。

| タテジマに想いを | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/164867