10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【1打点目】 きっと補強をしないという意味ではない | main | 真面目に太陽投手について考える記事 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【2打点目】 出番を探せ
 なにわウェブでは赤松選手が「夢は3割30本30盗塁」と語っているが、夢は夢としておいて現実的には「3割3本30盗塁」でお願いしたいなぁ。と少し思った。いや、足が速いし、守備の時に時折見せる身体能力の高さは凄いんだからね。今年もあったでしょ?あの打球に追いつくか?!という場面が!!それを楽しみにしている。

 さて今日は浅井選手。ライトに挑むということで、これは面白いと思っている。

 打撃を買われて、出番を求めて捕手から他のポジションへ転向した例は多い。それほど守備における捕手の消耗度は激しいということだろうが、タイガースでも過去に北川選手(現・オリックス)、関川選手(中日→楽天〔引退〕)などがその先輩である。そういやぁ田淵さんもライオンズではファーストをやっていた。
 打撃が良い。と一口に言っても浅井選手の場合は俺から見ると微妙。タイプ的には濱中選手のような感じだ。良い時は良いのだが、とにかく初球に手を出したがる。それは本当に狙っているボールだったのか?と思いたくなるくらいに初球に手を出す。そして初球の打率があまりよろしくない。そんな感じだ。

 でも打撃が良いというのは認める。これはマジで認める。ただし「当たれば」だけど。

 あれは横浜スタジアムだった。もちろん今年の話ではない。でも横浜スタジアムだった。

 試合前の打撃練習で、当時のチームで一番打球を勢いよくスタンドに放り込んでいたのは濱中選手だった。横浜スタジアムもあまり広い球場ではなく、しかも外野スタンドが上に少ないので上段に飛び込む印象があった。その横浜スタジアムのスタンドに気持ち良いくらい打ち込んでいたのは濱中選手。そして滞空時間の長い濱中選手の打球とは異質の速さでドカンドカンと打ち込んでいたのは浅井選手だった。

 だから小柄な浅井選手ではあるが、パワーと打球を運ぶことに関してはきっとすごいんだと思う。あとはそれを発揮できるようにするだけ。

 ライトはこれでまた熾烈な争いになる。ただ、現在のタイガースに純ライトという選手はそれほどではない。

 純ライトで言えば濱中選手、代打になった桧山選手くらいで、あとはファーストも兼務する林選手、葛城選手。センターも兼務する桜井選手、赤松選手。そういったなかでの争いである。

 もちろん今はその中になっても3番手にも入れないだろう。でも今は秋のキャンプ中である。これから逆転する条件はいくらでもあるはず。

 さて、浅井選手の逆転はあるのか?!これは少し楽しみに見ていこう。


P.S.試合が無いと記事が短くなります。すんまへん。
| タテジマに想いを | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/163811