04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 傷ついて打ちのめされても | main | 今シーズンを軽く振りかえる〔野手・その他編〕 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

今シーズンを軽く振りかえる〔投手編〕
 色々あった今シーズンの投手陣を軽く振り返りましょう。
 先発に関しては誤算続きと言ってしまいたいなぁ。なんせ今では忘れてしまった“井川の穴”という言葉。シーズン開幕前までは「全員で埋める」はずだったんだけど、埋めるはずの候補者が軒並み脱落。これじゃ勝負にならなかったなぁ。

 特にその候補者と言われていた左腕勢である能見、中村泰、岩田、筒井の各投手が結果が出ないというよりもシーズンを通して1軍定着できなかった。これが痛かったなぁ。結果が出なくてもせめて1軍定着できていれば成功だったと思えるんだけど。

 では代わりに右腕投手が埋められればと思っていたら、これも福原投手が活躍できず。確かに故障上がりで緊急昇格という面もあったんだけど、それを1年引っ張っちゃった。安藤投手に関しては怪我が長期化して、復帰後も安定しなかった。

 両投手とも過去の実績を見れば、先発として1年間ローテーションを守って、しかも勝ち越した経験は無い。だから今年は本当にチャンスだったんだけどね。

 先発として鍛えて行くなら今年の秋は例年以上に相当な競争になるんだろうから、鍛えに鍛えて高いレベルで競争してほしいな。

 希望としては言うまでもなく上園投手。彼の出現は大きなものだった。

 3巡目指名であり、開幕当初は同じくルーキーの小嶋投手が先行したけど終わってみれば立場が逆転。初めて見た時は球速が140km/hを切っているので心配だったけど、なんとそれが打ちにくいのか何というのか打たれない。テレビで見ていると確かに負けん気の強い表情で投げているわ。彼の存在は大きかった。

 クライマックスシリーズでは残念な内容だったけど、そもそもクライマックスシリーズに出られるまでチームを引っ張り上げてくれたのは彼かもしれないし、来年以降に期待が持てる明るい材料だった。

 中継ぎ以降に関しては改めて言うまでもなく、本当に優秀な選手たちが顔をそろえた。

 昨年の悔しさを晴らすかのような久保田投手の投球は、シーズンを通じて鬼気迫るものがあった。以前のように炎上する回数も激減し、試合を粘り強くなんとか終盤まで持ってこれたのは彼のおかげだった。

 ウィリアムス投手は一時期、防御率が0.15という考えられない数字に。ブルペンでの存在感と言いなんと言い、とにかく残ってもらってよかったという選手の筆頭でしょう。今年は以前のキレが戻ってきた気もするしね。

 球児投手もタイ記録となるセーブ数。これに勝ち星を加えたら何試合を決めてくれたんだろう?という存在感だった。本人は今年の内容以上のものを目指しているようだから本当に楽しみだ。

 序盤は苦労したけど江草投手も頑張ってくれたと思う。ダーウィン投手も1まわりならよく抑えてくれたんだけど、例年よりも上積みが少なかった気がする。橋本投手は微妙。ルーキーイヤーの活躍を見ていただけにまだ本調子じゃない気がする。球種を増やして先発でも面白いんじゃないかな?

 しかし救世主がここでも表れた。渡辺投手。ナックルボールとか色々試していたけど、それをする必要もないくらいの実力を見せつけてくれた。ストレートのキレ、スライダー?もあるけど何と言ってもパームボール(のようなチェンジアップ?)で抑え込んでいった。本当は先発タイプなのかもしれないけど、今年は中継ぎでフル回転。最初はビハインドの場面の出番だったけど、最後は勝ちパターンに顔を出すまでになった。

 2年目でもあり、1年目に1軍登板が無いので新人王の資格を有する。50試合以上の登板で防御率が2点台。この凄さを評価してほしいなぁ。下手すりゃ先発は5回まで頑張ればいいんだから、彼の登場は大きいでしょう。

 他にも1軍登板した若竹投手とか、1軍登録のあった玉置投手とか若い投手に楽しみな選手がいる。ただ1つ寂しいのは自由枠や希望枠の投手が即戦力になっていないこと。これを解消してほしいなぁ。ローテーション候補者が何人もいるチームではなくて、ローテーション投手が何人もいるチーム目指して強化していってほしいなって思った2007年でした。
| タテジマに想いを | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/162223