04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< なにがいいのかなぁ?という悩み | main | 傷ついて打ちのめされても >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

まずは1つ目を数えてみようじゃないか
 相手のエース相手にいきなり3点のビハインドはタイガースじゃなくても痛いことだろう。今年はエラー後に踏ん張れない場面を何度も見た気がする。でもそんなことを言っているのではない。

 相手の川上は確かに良かった。でもそこで1つ目を数えようとせずにいきなりもっと先を望んでしまった試合ではなかっただろうか?

 相手投手が良かったら何をするか。先ずは粘って崩すことではないだろうか。それを赤星選手が少しやっていたが、彼だけにやらせるのではなくチームとしてどこまでやるかという徹底を望んでみたい試合だと思った。

 何をやっていたかというと、とにかくファールで粘ること。単純で決め手がないと言われようともそれを続けることで少しでも相手に精神的にも肉体的にもプレッシャーを与えて、それを与え続けること。その継続で崩せる場面がきっとあるはずなのだ。

 それでも今日のような投球の川上を崩すことが出来たかどうかわからない。でもやっぱり“継続”することで次にもつながって行くはずなのだ。

 今日のように一方的にやられ、後が無くなったタイガースである。もう勝つしかなくなった。今日のような川上の後だ。次は朝倉か?中田か?とにかく今日ほどのものはそうそうにあるものではない。

 繊細さと大胆さ。それの共存は実に難しいのだが、それをやるしかない。

 粘って粘って、それでも粘って。根負けなんてせずに、トータルで勝とうなんてせずに、1つでも勝つところを見つけてそこから突破口を開いてひっくり返して。

 いきなりの勝利を望むのではなく、勝利のための「1つめ」をどうやって数えるのか。それをキッチリとイメージして明日に望む。

 もう落ち込んでいる時間は無い。もう考えている時間は無い。勝つための方法を数えて1つ、2つ。勝利に向かって1つ、2つ。その積み重ねは面倒かもしれないが、その面倒なことを嫌がらずにやることが勝利を手繰り寄せる近道なのである。明日ガラストチャンスだ!!
| タテジマに想いを | 21:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
たけさん・・・
確かに赤星くんは粘ろうとしていました。シモさんも意外と打席で粘っていました。
ナベくんはピンチを抑えてくれたし、ダーウィンは気持ち溢れるプレーを見せてくれました・・・
いいとこ探しするわけではないですが、私もあれほどにドラゴンズファンの観客が集結し、声援をおくったナゴドは初めてでした。雰囲気に呑まれちゃダメだけど、このホームで実施するというのが大きなアドバンテージになるんだなと改めて思いました。
今日はビクビクの一塁側席ですが、タイガース愛を目からほとばしらせながらひっそり応援してきます!(いや、思いっきり応援するかもしれませんが!)
| sorako | 2007/10/14 11:36 AM |

sorakoさん
 おっしゃるとおり、ホームアドバンテージは大きいですね。ドラゴンズファンもいつもより多く来ている感じがしました。
 1塁側でも遠慮しないでタイガースに気持ちを届けてください。
 オレもテレビ前で応援しています。
| たけ | 2007/10/14 7:28 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/161942