03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< シーズン終了を振り返りブログで記事を書いた感想など | main | ここからの勝負 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

今岡選手が長距離化?
 今シーズン、1軍では結果が出なかった今岡選手がCSで借りを返すべく打撃練習に取り組んでいるという記事があった。

 普段ネットで見ている4紙(スポニチ、デイリー、サンスポ、日刊)ではスポニチが、今岡選手がバットを長距離タイプのものにして臨もうとしているという記事があった。

 今岡選手はバネ指で散々苦しんだ。今年はどうなんだろう?と思うのだが、その中でのバット変更がどう出るか?というのがやはり心配。

 個人的には指に負担が少ないタイプのものにしてもらいたいと思うのだ。何回かバットを変更しているようだが、やはりしっくりくるものが無くて元に戻したこともあったんじゃなかったか?だからこの大一番を前にして変更することに少しの不安を感じ、同時に少しの楽しみも感じている。
 でもまぁ、やっぱり今岡選手は長距離打者ではない。中距離って感じだ。真骨頂は2ベースヒット。これが出る時は本調子じゃないかと思っている。あ、他にも顔の高さをヒットにするとか、すげぇ内角球をヒットにするとか、そういうことができれば本調子だと思う。

 ただまぁ、打つだけでもよろしくないわけで、当然守備面でも安定感を出してくれなきゃ困る。

 怪我人だらけで、今岡選手も復帰試合で膝を捻った感じになっているが、1人でも多くの選手が復帰してくるのは朗報だろう。頑張って頑張って満身創痍になりながらのチームにあって、スタメンラインナップの中に今岡選手と林選手の名前が帰ってきた時は、形容しがたい安定感を感じたものだ。やはり名前で相手に挑む部分だってあるんだなぁって思った。

 長距離かもいいけど、きっと相手が今岡選手に対してビビるのは飛距離ではない。ホームランは確かに1発で試合を決めるし、流れを持ってくる。でも今岡選手にはそれとは異質の役目って言うか、相手に投げかけるものをぶつける役目がある。

 それは相手投手のベストショットをいとも簡単な振りして打ち返すこと。絶好調と思って投げている相手に「あれ?そうでもねぇのかな?」と思わせる当たりを打つこと。そこから相手を崩していくこと。これが出来る選手はチーム内にそう何人もいない。だから彼は“天才”と言われる。CSではその天才ぶりの復活を俺は楽しみにしているのだ。
| タテジマに想いを | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/161371