12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 解放しなきゃ | main | 折れない心でもう一度 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

マウンド
 直久投手の表情が別人のように硬かったこの日、立ち上がりからストライクがとにかく入らない。こりゃ苦労するなぁって思ったら予想以上に苦労しっぱなしでマウンドを降りた。

 常に後手後手で苦しいマウンドの連続であった。初回の表で流れを掴んで、それを放してしまった後に取り返すことがどれだけ大変なことか改めて知った。

 では救いようが無かったかといえばそうでもない。
 ここ数試合は上位打線に頼るしかなかったかのような打線であったが、5番に入った葛城選手がアニキに対するミエミエの敬遠気味の四球の後にもつなぐことが出来ているし、関本選手も最後の踏ん張りが出来ている。こうやってチームを少しでも支えようとしている選手がいることは、これから先の苦しい数試合にも光を差し込むに違いないのだ。そしてそれは光信選手であっても。

 桜井選手が調子を取り戻せないのだが、これは相手のマークと今年初めての1軍生活、遠征による疲れ、様々なものがあることだろう。そのなかでも1つの打席に喜び、そして焦り、そして成長する。その過程がこの優勝争いの最中であることがどれほど幸せなことだろう。この幸せを是非、残り数試合で爆発させて欲しいのだ。それはあの林選手でも今年味わえていない優勝争いの味なのである。

 さて、マウンドでの投手陣を見て思ったのは、こういう時は矢野さんにマウンドに行ってもらいたいということ。

 以前、矢野さんはテレビ番組(確か虎バン!)で「敢えてマウンドに行かず、投手自身に考えることをして欲しい。」とおっしゃっていた。そこを何とか!と思ったのだ。

 確かに矢野さんの投手育成法や矢野さんのリードもあると思うが、大事なのはそれがチームの利益につながること。矢野さんの考えとチームの利益を一致させて勝利を目指す。

 もしも今日の序盤の矢野さんのマウンドに行かなかったという姿勢がチームの勝利への姿勢と乖離しているのなら、是非ともここで再考して欲しいものだ。

 負けられない気持ちに縛られて今日は負けた。しかし昨日の負けとは違う。前進はしているのだ。若い選手の多いチームの硬さでもあるのだろうが、硬さが取れたら一気に走り出し、どこまでも突っ走るのが若い選手でもある。その力を出させたい、出せるようにしてあげたい。その気持ちが明日辺り爆発するんじゃないか?いや、爆発しなくて苦労してもそれでも勝つんじゃないか?と思っている。

 どうすればその硬さを取ることが出来るか?そうだねぇ・・・・・手に「人」って文字を書いて飲んでみろとか・・・・・人を見たらカボチャと思えとか・・・・・♪ビビデバビデブー♪とか・・・・・「勝ったら俺、カッコイー!!」とか・・・・・俺が学生時代に陸上競技のレースのスタートラインに立った時はそうやってみたもんだけどねぇ。

※ 明日の試合記事は、明後日更新します。
| タテジマに想いを | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/159333