10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< LINK追加のご案内 | main | メイクなんとやら?そんなんいらんわ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

負けないチームが負けない試合
 ちょっとウィリアムス投手が心配なのだが、試合前に少し姿を見せた模様。いずれにしても軽症であることを願う。

 序盤から下さんが打たれてしまい、先制を消してしまった。それが持ち味とはいえ少し違和感を感じるので「何もありません。」以外に言葉を発してもらいたいと思う。秘められた闘志は理解するが、コメントにも出して欲しいなって少し思うんだよね。

 その序盤のあれやこれやを消してしまうタイガースの凄さが今日も見られた。序盤の3失点で全てが決まってしまったシーズン序盤は遥か昔の出来事で、先発起用の濱中選手の一撃から今日も徐々に返し始める。
 讀賣にとっては、いっそのこと一発行かれたほうが気楽だっただろう。タイガースがヒットを打つ、タイガースが四球を選ぶ。それだけで「あぁ、今日も始まるのか・・・」というあっちにとっては嫌な予感が、こっちにとっては楽しい時間が始まるのだ。

 誰もが主役になりえる今のタイガース。決まっているのは4番がアニキで最後が球児投手であるということだけ。それ以外の選手は与えられた、そして奪った出番の中で最大限のパフォーマンスを発揮すれば良い。余計なことは考えなくても自分のことだけをしっかりやっていれば結果は自ずと付いてくる。こんな状態で野球ができるなんてことは1年に1回だって無いくらいだ。それがこの時期に出来ているのは凄いことなのだ。

 クライマックスシリーズなんてものが出来たもんだから、これじゃ8月までは5割で来て9月に調子がいいところが有利になっちまうってことでどうなるもんだ?と思っていた。でも今年に限っては最後まで3位以内を確保なんて言葉が聞かれずにむしろ「優勝しかありえない!!」ということを内外に大きな声で言えるのだから。これもまた幸せなことである。

 日替わりでヒーローが出るチーム。それは言い換えれば試合に出る誰もがヒーローになれるチーム。これは控え選手も試合に入ることが簡単に出来るだろう。チーム全員で攻めて、チーム全員で守るのだ。だから代打狩野選手や守備要員で出たはずの藤原選手まで振りぬいたらライトに飛んで行ってタイムリーになった。

 この一戦は勝ちたかった。1度でも首位になることが目的ではなく、首位でい続けること、首位で終わることが目的なのだ。だから1日天下なんて新聞に書かれてしまうことだけは避けたかった。最終回の球児投手の登板、見ているこっちさえも手が冷たくなり、手に汗をかくほどの緊迫感。甲子園だったらここまでは感じなかった。狭い東京ドームだから何があるか分からなかった。その緊張感が見ているこっちにも伝わってくるのだ。

 最後、球児投手は二岡を三振に取った。それは1球外に外すコースだった。それを振らせたのは球児投手のストレートの威力なのだが、打ち取った後に一瞬だけ見せた球児投手の表情。それは安堵というより九死に一生を得た男の表情だった。

 ヒーローインタビューに滅多に出ない抑えというポジション。それでもチームのために自分の全てというよりは自分そのものをぶつけて行く投球は「お前しかいない」と当たり前のことを思うと同時に「どうか無事で」と願わずにいられない。

 イ・スンヨプが延長10回の打席で変な外し方をしてタイミングが狂ったが、それくらいされても最後は勝つ!!必ず最後に愛は勝つかどうかは知らないが、必ず最後に勝つのは虎だ。そして最後に勝つ愛があるとすればそれは“Tigers LOVE”なのである。
| タテジマに想いを | 23:12 | comments(5) | trackbacks(2) |
いつも素晴らしい文章に感動させていただいています。
それにしても壮絶な3日間でしたね。
ただひたすら目の前の敵を倒すことだけに集中して
火の出るようなガチンコ勝負でした。
勝った喜びよりも、なにかこう放心状態のような感じで
まだ熱に浮かされてる感じです。
今はただ、球児投手の体が、心が、
壊れてしまわないことを祈ってます。

>「あぁ、今日も始まるのか・・・」というあっちにとっては嫌な予感
この速攻こそがタイガースの真骨頂ですね!!
ただの1点以上のダメージを与えてやれそうな気がします。

さて広島、今度こそ借金を倍返ししに乗り込んでほしいですね。
“燃え尽き症候群”にならないよう・・・
| とらうびこ | 2007/09/10 6:34 PM |

とらうびこさん
 こんばんは。
 書いているこっちが燃え尽きてしまいそうな3連戦でしたね。いつも読んでくださって有難うございます。
 広島3連戦では「今度こそJFKを休ませるぞ!」という意気込みで燃えるんじゃないかと思っています。
 この3連戦、色々な選手が活躍してくれました。でもアニキと広大選手は物足りなさそうな表情に見えたんです。
 だからきっと広島戦ではこの2人が広島の夜空に大きな花火を打上げてくれると思います。
 この3連戦、一番大きな収穫は、個人的には安藤投手の投球でしたが、とらうびこさんはいかがだったでしょうか?
| たけ | 2007/09/10 10:51 PM |

「この3連戦の」という括りで言えば、間違いなく安藤投手でしょう。
昨日虎バンで安藤投手の特集やってました。
今後の野球人生を左右するほどの症状とわかった時のこと
チームから離れて療養に専念すると決断した経緯など
訥々と落ち着いて話していて、心を打たれました。
そして、復帰するからには結果がすべてだという強い思い
一撃でファンになりましたよ!!
あ、好き嫌いの問題じゃないですね(笑)

前後とも打ち合いになった中で
中日(なかび)をビシッと締めてくれたのが安藤投手でした。
おそらく讀賣の選手も驚くほどの出来だったと思います。
残り何回もない当番機会であっても
万全の信頼を託して応援していきたいです。

PS.以前神宮で見た巨大トラッキーのかぶりものの人
着ていたユニが背番号16でした。(少ないですよね)

| とらうびこ | 2007/09/11 3:11 PM |

変換をミスってしまいましたww
×当番→○登板
(わざわざ言うほどもないですね(汗))
| とらうびこ | 2007/09/11 3:13 PM |

とらうびこさん
 俺も「虎バン!」をスカパーで見ました。
 やはり相当の覚悟がうかがい知れましたね。
 もともと当然あのくらいはやる投手のはずですが、それが予想以上に早い段階で好投してくれたのは大きな収穫でした。
 え〜・・・トラッキーの被り物は16番だったんですね!!知らなかったですよ。「上手いこと作ってあるなぁ。」って思って見てました。
 「16番」・・・今は安藤投手、そして岡田監督の現役時代の背番号ですね。
| たけ | 2007/09/11 5:28 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/157498
決戦!東京ドーム
 昨日の試合後のインタビューで「明日は球児と久保田は休ますよ」と 言っていた岡田監督だったが、死にもの狂いで食らいついてくる読売を 相手に、さすがにそれは甘い考えだったようだ。三連戦の三試合目も 異様なまでにタフなゲームになってしまった9月9日、阪神vs
| 虎のおしゃべり堂 | 2007/09/10 12:05 AM |
9.9虎○9-8兎@巨大卵観戦記
阪神9−8巨人(延長10回・通算阪神12勝8敗1分) 神|101 120 200 2|9 巨|300 020 200 1|8 本塁打 神:浜中4号 巨:二岡19号 投手 神:下柳-ダーウィン-渡辺-江草-橋本健-久保田○-藤川S 巨:高橋尚-福田-西村-豊田-上原● ◇東京ドーム◇観衆45778人(自分含む)◇試合
| あさちゃん。スポーツ | 2007/09/10 8:09 AM |