07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< プライド | main | 忘れたとは言わせねぇぜっ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

四角い打席がリングに変わるとき
 岩田投手が粘りながら投げ続ける。敢えて代えないのはこの後の試合が長くなることを暗示するかのようだった。

 でもやっぱりリズムっていうかランナーを背負いすぎだなぁ。それをのぞけば本当によく投げたと思うよ。

 1点のビハインド、打席にアニキ。勝負に出ているアニキに対し、讀賣バッテリーは内角攻め。しかしそれがアニキの右ひじに当たってしまう。勝負に出ているアニキにとっては悔しすぎる死球だった。

 しかしこれが打席を一気に戦いの場へと変えて行く。その後の林選手の目つきが代わる。桜井選手はやんちゃな表情を浮かべ、歯を食いしばって物凄い表情で相手を睨みつける姿が画面に映った。広大選手は三振したが、後を継いだ矢野さんが思い切り引っ叩いた打球はレフト線へ鋭く飛んでいった。

 同点。1人の打者への1つの死球が空気を一変させた。

 先制された失点は坂選手の判断ミスかもしれない。ランナー1,2塁で送りバント。そのときに突っ込んでしまいサードをガラ空きにしてしまった。これは二岡のバントがアレだっただけに実に勿体無いシーンであり、そのあとに簡単に犠牲フライを打たれてしまったことも反省材料だが、1つのプレーに対する意識をもっと高めないといけない場面だった。これも経験を積んでしっかり育って欲しい。だって今日は同点に出来たことでこのプレーによる敗戦は回避できたのだから。

 9回からは一進一退。あっちは元々は先発の大黒柱。こっちは抑えの切り札。そりゃ簡単に点は取れない。そしてどこで動けばいいのかもわからない。そんな展開。球児投手の本気のストレートにはまったく敵わない。

 決め手が無いままと思われた試合が動き出したのは、やはり両チームの抑えの切り札が降りた後だった。

 決めたのはやはりタイガース。四角い打席をリングのままにした男たちだった。グランドをスポーツの場所でありながら戦いの場所のままにしておいた男たちが試合をタイガースに持ってきた。

 腕を一杯に伸ばして低めの球をバットに乗せて運んでいった広大選手の昨日のホームランとはまた違う打球でレフトスタンドに飛び込んだ。

 最後の反撃を許したことは非常に良くない。ここで抑えないと今後のことが心配になる。次こそはしっかりとやろう。

 さぁ、これで中日と巨人との3連戦を5勝1敗という素晴らしい戦績で通過できた。敵地でこの成績は本当に凄いことだ。これから甲子園で同じ相手を迎え撃つ。

 なにかが起こる7月ではなく、なにかを起こす7月だ。これからもっともっと強くなろう!!
| タテジマに想いを | 23:23 | comments(4) | trackbacks(2) |
岩田くんはコントロールがちょっと・・・でしたが、要所要所はおさえきったなと思います。1失点はちょっと簡単に犠牲フライ打たれましたが、上等ですよね。
あのバントはG+の中畑・川藤は矢野がファールと判断して3塁に投げなかったミスという言い方をしていてむかつきましたよ!ほんと、わけのわからん解説者を出すのは勘弁してほしいですね。

8回に追いついた時は、絶対負けないという気持ちになりました!そして12回の広大くんの3ラン!彼はほんとに気持ちの強い選手だと思います。これからも楽しみですね。ただ、金本さんの足が心配です。いや、心配していても出るんですけどね・・・

猛攻の7月!いえ猛攻の7−9月で行きたいですね♪
| sorako | 2007/07/13 10:23 AM |

ハイライトでしか見れませんでしたが
かねもっさんのあの表情は、勝利への執念+αって感じで
めっちゃ恐かったですww
足を痛めた主砲に負担をかけまいと
HRで決めてくれたコーダイ選手は先輩思いの人ですね(笑)

LINちゃんの打席での肩越しの目つきは
日に増して凄みを感じます。闘争心パワーアップです。

まさかまさかのG3タテ!!
まさにお楽しみはこれからって感じですね。

このまま勢いに乗ってまずは借金完済、さらなる上昇へ!
たけさんのキーボードを打つ指も軽やかになるでしょうね。
愛情味溢れる文章で私たち読者をわくわくさせてくださいね!!

追伸
雨(台風)の影響はどうなんでしょうかねぇ・・・
| とらうびこ | 2007/07/13 4:23 PM |

sorakoさん
 岩田投手のリードには矢野さんも苦労されていたと思います。
 そんななかでも責任回数?を投げてくれた岩田投手はよく投げてくれましたね。
 リードで苦労しているのに打撃でも勝負強さを発揮した矢野さんも本当に頑張っていますね。
 桜井選手、本当に金本選手の背中を見て影響を受けていますね。楽しみです。
| たけ | 2007/07/13 10:51 PM |

とらうびこさん
 俗に言う裏ローテでしたので勝ち越せたらいいなって感じだったのですが、相手の不調もありまさかの3タテでしたね。
 自分の記事で「全部勝て!」と書いておきながら驚いています。これだからファンを辞めることなんて出来ないんですよね。
 今日の中止は勿体無かったですね。せっかく好調だったので。でもその分は間隔を開ければ開けるほど調子が上がる下さんがやってくれるはずですね。
| たけ | 2007/07/13 10:53 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/149864
炎の巨倒弾!23歳祭りはこの人が締めた
 7月12日、阪神vs.読売戦。  試合は阪神・岩田、読売・福田の両先発で静かに始まった。二人とも 23歳という若いピッチャー。同期ならではのライバル心のようなものも あるのだろう。序盤はこの両投手が奮投し、フレッシュかつ見応えのある 投手戦を展開する。  
| 虎のおしゃべり堂 | 2007/07/13 12:52 AM |
巨人3対4阪神@巨大卵は五時間を超える長時間試合になり、終電ギリギリ
神 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3 計4 巨 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2  3 岩田 江草 橋本健 久保田 ウィリアムス 藤川 ○ダーウィン(1勝1敗) 福田 林 西村 野口 豊田 上原 ●会田(3勝2敗) 山口 [本塁打] 桜井2号(神) それにしても、HRが出やすい球場なのに、桜
| あさちゃん。スポーツ | 2007/07/13 2:29 AM |