11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< いいぞハシケン!! | main | さぁ 観戦に出かけよう >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

敗戦の中で広大
 たった1打席だが、広大選手は良かった。11球粘って四球で出塁したのだが、今のタイガース打線に欠けているものの1つである打席での粘りというものを見せてもらった。 

 このところ濱中選手が調子を落とし、桧山選手もこの状態。消去法かもしれないけど好調の彼を使う楽しさがあることは事実だ。

 テレビで観ていた感想としては広大選手の粘ったファールはカットしにいったものではなく、打ちに行ってのファール。コレも凄いことだと思う。だって当てに行ってないんだから。当てに行かずに思い切り振る。それでいて空振りしない。左投手との相性だけではない調子の良さを感じている。ま〜くんとの対戦、今度は見たいね。
 中村泰投手は立ち上がりも何も・・・・・だったけど、この1戦で彼の評価が覆るわけでもあるまい。むしろ今日は早く降板した分だけ、できるだけ日をおかずに登板させてあげたい。今までだったら1つの躓き(つまづき)で転びっぱなしだったのだが、今年のヤスは違うんだ!というものを早めに見せておきたいものだ。

 ヒットは出ている。でも得点にならない。その辺は返す返すも残念。色々な人が色々なポイントを挙げるだろうけど、俺は2回の桧山選手のゲッツーが凄く嫌な感じがした。初回は得点にならなかったのだが、金本選手に四球を出すという内容は付け入るチャンスがあるのではないか。と思っていたからだ。

 多くの投手がランナーがいる場面で金本選手との勝負を避ける。そして敬遠でもなければ際どいコースを攻めるのだが、そこには1つ間違えば甘いコースに入ってくるというリスクも背負う。その1球の甘い球をしとめるのが金本選手の凄さなのだが、そういった方法で3点のビハインドを返したいのだが・・・・・という攻撃をするための流れを切ってしまったのはあのゲッツーのような気がした。やっぱり攻撃の空気というか、リズムというか、そういうのを淡白な印象に変えてしまったね。それはもちろん、ま〜くんの投球も良かったことと思うのだが。早いカウントだっただけにそれが残念だった。

 ということなので、なおさら広大選手の打席での粘りが印象的だった。粘りなさい。粘って相手に球数投げさせて、甘いところを逃さずにしっかり打つ。打者は打席を任されているんだから、任された打席で孤独であろうけども気持ちを切らずに最後まで。それはやらなきゃいけないプレーであると思う。タイガース、精一杯戦おう!!
| タテジマに想いを | 22:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
>打席での粘り
いや、ほんと広大くんを今使わないでどうするんだと!ぶつぶつ言っています。今のチーム状態に一陣の風を吹き込める選手だと思います。
もっともっと見たいですし、育成するなら今しかないと思います。

さあ、甲子園ですね。矢野さんもフリー打撃はじめましたし、ジェフや福原ももどってきます。この機会に、もう一度、初心にもどって1試合1試合チャレンジャーの気持ちで「勝ちたいんだ」という気持ちで戦ってほしいですね。
| sorako | 2007/06/07 1:23 AM |

sorakoさん
 桜井選手の打席での雰囲気、良かったですね。
 昨年のファーム中継では守備にも打撃にもプレーに迷いのようなものを感じたのですが、今は集中できていると思います。スタメンで出るとなると、その集中力を試合中は維持する難しさがあると思いますが、チャレンジする機会があるといいですね。
 週末には先ずウィリアムス投手と福原投手が戻ってくる感じですね。少しでもチームが好転するように応援しましょう。
| たけ | 2007/06/07 8:00 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/145165