03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< クソ度胸募集 | main | 構えすぎたかなぁ? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

 隙無し油断無し鳥谷
 杉山投手が投げる球が全体的に真ん中に行って、ローボールヒッターの稲葉の打席に限って低めに入って行くというよろしくない試合だった。

 狩野捕手のリードもそういう点ではこれから更に研究して行くだろうと思う。特に稲葉選手にレフト前に運ばれたタイムリーなどは、明らかにレフト狙いなんだからあそこに投げさせちゃいけない。あの一打は吉野投手のせいではないと思うよ。
 相手がダルビッシュとなった時点で今日の試合のテーマは“我慢”だったはずだ。若くて大人のピッチングをする手の付けられない投手。パ・リーグの最高級投手。その投手に年に1回か2回しか対戦しないチームが大量点を取れる確率は低い。そして日ハムは非常に良いチーム状態。しかしなんで今年はタイガースと対戦するチームは揃いも揃ってチーム状態がいいんだろうね?タイガースが良くない状態だからなおさらそう思うよ。

 マウンドが合わないとか色々あるんだろうけど、それは全て言い訳だ。それ以前に投げることが博打のような直久投手には大いに反省して欲しい。

 しかし能力としては、現在の怪我人続出のローテーションの中で完投能力という点では一番である。ほっといても長いイニングを投げることが出来るんだから、初回からドンドン飛ばしていきなさい。

 唯一の得点は鳥谷選手のホームラン。テレビで観ていても打った瞬間であった。それが逆にダルビッシュの本気っていうか、気を引き締めてしまったのは皮肉だったが、ダルビッシュが投じた油断というか、カウントを整えようとした球を逃さなかった。

 守備面でも苦労しているし、打率も低い。1番打者という慣れない打順で苦労もしただろうけど、やはり一度でも過去にやったことがある打順では安定感が出てくるね。

 さて現在のチームの状態は非常にピンチ。不調であるうえに怪我人が多く困ったものになっている。今日も赤星選手の打撃には積極的というよりも場当たり的な感想を持った。

 成績も悪いのは当然で、開幕前に想定したにメンバーが満足に揃って戦ったなんて1試合も無いんじゃないか?だって安藤投手が開幕からいないし。

 では危機管理という点でどうか?っていうと、出来ることはやっていると俺は思っている。逆にいない選手の代替を簡単に用意できるってことは、レギュラークラスでファームを戦っているようなもんで、そういうのは全員が1軍半か1軍クラスもファームで飼い殺しってやつだから。

 結果論だが今は若手選手にチャンスが与えられる土壌が出来上がっている。この時期に上にいる普段ファームの選手には思い切りアピールして欲しい。過去数年を見ても交流戦はチームを変える時期である。

 最後の反撃は遅かったのだが、ファイターズにはエース級でも出さなければ今のタイガースは平気で噛み付くくらいは見せられたと思う。金本選手につないでホームランになって、今岡選手も緩めることをしなかった。濱中選手には相手に流れを戻してしまったことを猛省してもらわなければ困るのだが、同じ右打ちの外野手で桜井選手は流れをこっちに持ってきた。

 今のタイガースに若い選手の力の存在がどれだけ重要なのか?そして若い選手がどれだけ必死に出番に飢えているか。それが改めて実感できたことが本当に良かったことと思う。桜井選手、ナイスバッティング!!

 最悪の負け方は避けることが出来た。さぁ、明日は勝とう!!
| タテジマに想いを | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
桜井くんはいいですね!がつがつしてる感じというか1軍にいて試合に出れるのが嬉しくて打席ですごく集中できているように思えます。(こういうのを贔屓目というのかもw)
狩野くんは日々勉強なんですが、シモさんのような海千山千の投手がいないので厳しいですね。

でも今日の9回の攻撃は明日に繋がる攻撃だったと思いたいです。明日は勝ちたいですね♪

今日、7月のナゴドチケット発売でしたが、レフスタが一番早く売り切れてましたよ(笑)ええ、私はもちろん3試合全て観戦します。
| sorako | 2007/06/02 11:25 PM |

sorakoさん
 6年間温存?じゃないけど寝かし続けて熟成した選手ですので、これで再びファームに行くなんてことが無いように、きっちり結果と本人の意欲が噛み合っていますね。
 狩野選手は矢野さんがいない時期は野口さんに学んだり、試合で学んだりと成長する糧がいくらでもあります。ここで眠れないくらい悔しい思いを繰り返して成長して欲しいです。
 ナゴド、3戦ともレフトですか?今度は勝ち越しを決めて欲しいですね。
| たけ | 2007/06/03 4:31 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/144667