07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 切符は1枚? | main | 狼中年?! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

好投です。
 オープン戦2戦目。スタンドには甲子園でおなじみの顔が並んでいる。私設応援団(イエロ−ジャージ)の皆さん、ジュンコさん。そういった人たちの中で試合があった。

 先発の太陽選手、2番手藤川選手、そしてルーキーの橋本健太郎選手(以下、今年は「ハシケン」)がそれぞれ好投した。

 やはり投手はコントロールかもしれない。といっても、精密なコントロールではなく「ここに投げてはいけない。」というところに投げないコントロールとでもいおうか、そういうものだと思った。それが実践できていたのが太陽選手ら3人だった。

 打撃でも、桜井選手、喜田選手のヒットは良かったと思う。

 今日の試合は、桜井選手、喜田選手、太陽選手、ハシケンと、昨年いなかった選手たちの活躍が大きい試合だった。そういう点では今年は新旧入り乱れた熾烈な競争を望めるかもしれない。

 試合終盤に出た最後の2人の投手は苦労が続くかもしれない。

 佐久本投手は「今年ダメだったら来年は・・・」という選手の代表のような気がするが、2ストライクまでは見事に進める。しかしその後が悪いっていうか悪すぎる。確かに相手は右打者が多かった。でも、2ストライク後は人が変わったように高めにボールが入り、それを痛打される。球速も無い、特別なボールも無いという彼にとっては細かいコントロールを身に付けるのが生命線。ダイエー時代に日本シリーズで先発した過去を引きずっているとは思えないけど、もう1回ファームで身につけるものを身に付けないといけないかもしれない。

 そして個人的に待望の牧野投手。9回は一旦は佐久本投手がマウンドに上がったが、相手打者が右打者だったので牧野投手が登板する。

 右対右という、シーズン中も考えられるシチュエーションであったが牧野投手は先頭打者を四球で出してしまう。「先頭打者を出さない」という掟?のようなものを守らないと、中継ぎとして厳しいものがあるかもしれない。まぁ、個人的には「先発牧野推進派」なんだけど。

 後続はいい当たりのショートライナーもあったけど断っていたので、ぜひ首脳陣には再度のチャンスを牧野投手に与えて欲しい。

 そして相手チームだけど、吉井投手。ご存知だろうが、メジャーでも活躍した選手。昨年はオリックス(現・オリッ鉄)に入団したが、結果が伴わず自由契約に。そしてその自由契約になった球団でテスト入団するという、漫画の「あぶさん」のような話を実現した選手。その吉井投手が2イニングを0に抑える。しかも8回にはそのままにすればショートゴロになる当たりに飛びつくようにグラブを出した。結果的に弾いてしまい、内野安打になってしまったけどその必死さを、昨日登板した杉山投手に見て欲しかった。こういった選手がいることを目の前で見れただけタイガースは幸せだろう。いや、それを幸せだと思って欲しい。
| タテジマに想いを | 21:11 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/13302
阪神3−2オリックス
今日は、藤田太陽投手と藤川球児投手の藤・藤コンビが復活の気炎を上げたゲームとなった。 太陽投手はリラックスしながらも相手をのんだ余裕のピッチングで3回を無安打(2四球)に抑え、シーズンインを楽しみにさせてくれた。 かたや藤川投手も2被安打ながらも後続
| エクスタシーWorld by XtaSEA | 2005/02/27 9:19 PM |